いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

8月22日の注目イベントと注目点!!

8/22日(水曜日) トルコ市場休場(犠牲祭) 米中次官級通商協議 12:10 AUD デベルRBA副総裁発言 21:30 CAD 小売売上高 23:30 USD 原油在庫量 8/23(木曜日) トルコ市場休場(犠牲祭) 米中次官級通商協議 カンザスシティ連銀主催・ジャクソンホール会合 米中(160億ドル)追加関税発動予定 03:00 USD FOMC議事録(8月1日分)   ◎本日の注目点 本日の経済指標・イベントは重要なものばかりです。   1)米中通商協議再開(次官級) 貿易通商協議が再開されます。 再度、関税・貿易戦争関連のヘッドラインに注目です。 昨日のトランプ大統領の発言、 「中国、欧州は通貨を操作している」 「今週の貿易協議で中国から多くを予想しない 「中国との貿易摩擦を収束させる期限は存在しない」  なかなか、進展を期待するのは難しそうな気がします。 ポイントは人民元安ではないかと思います。 中国側も人民元安には反論してますが、内容は信憑性に欠けるもの! 「人民元相場は主に市場の需給で決定される」 「人民元を貿易摩擦の武器として使用しない」 「人民元の柔軟性と市場主導の動きは高まっている」 「中国経済のファンダメンタルズは堅調であり、人民元を妥当な水準で基本的に安定させることは可能」 発言内容は、毎度の内容となっています。   通商協議前日から発言の応酬となっているので、23日までの協議期間はヘッドラインに注意したいtです。 また、今回の通商協議は首脳クラスではなく次官クラスなので、明日の追加関税発動は避けられないと思います。   米ドル/人民元       2)FOMC議事録公表 昨日のボスティック・アトランタ連銀総裁の「年内利上げ残り1回」との発言! トランプ大統領は、FRB・パウエル議長の利上げ批判が出ています。 FRBにトランプ大統領の発言は影響しないと思いますが、年内利上げ回数は注目されています。 議事録の内容、注目しています。       3)トランプ米大統領の元顧問弁護士コーエン氏の司法取引 N.Y.クローズ付近に、ヘッドライン! トランプ米大統領の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏が司法取引 「ある候補者の指示で選挙法に違反した」 その後、元選対本部長マナフォート氏の有罪判決との情報も!   ダウ・日経・ドル円急落しています。 トランプ大統領にとって、中間選挙前に痛いヘッドライン このヘッドラインの行方と、トランプ大統領の対応に注目です。   USD/JPY 5分足チャート   ダウ平均 5分足チャート   日経平均 5分足チャート         ◎保有中のポジションと本日の戦略   CAD/JPY 日足チャート   CAD/JPY 時間足チャート   保有中のCAD/JPYのLongはホールド中。 チラホラと利上げのような話が聞こえてきました 利上げを織り込んでいくなら、日足チャートの青点線をイメージしています。 ですが、なかなか伸びてくれないので注視はしています。 本日カナダ小売売上高も発表されます。 動機付けになってくれることを期待しています。     GBP/USD 日足チャート   GBP/USD 時間足チャート     昨日はBrexit交渉にとって、ポジティブなヘッドラインが出てきました。 米ドルが売られていることもあり、GBP/USDは上昇しています。 時間足チャートの緑丸を抜けるか、折り返すか注目しています。 個人的には、戻してくると思っているので、戻るようなら売り戦略(短期)で考えたいです。 ※ポンドはヘッドラインでどちらにも動くので、長期保有は難しいと思っています。     USD/JPY 日足チャート   USD/JPY 時間足チャート     ドル円は膠着状態が続いています。 個人的目線は下落要因が多いように感じます。 8月は米債償還・利払いがあるのでドル売りが出やすいこと。 トランプ大統領リスク。 年内利上げ残り1回発言。 など、マイナス要因が目立ちます。 ただ、下値も限定的で、110円割れると買いが入り始め、下は109円くらいまでを見ています。 ジャクソンホール会合も控えていますので、極端な動きは考えにくいと思っています。       EUR/USD 時間足チャート   ドル売りの影響もあったのですが、イタリア・ドイツの長期金利差縮小からユーロが反発 原因は9月のイタリア格付けが10月に延期されたことで、イタリア国債利回りが下落したことではないかと思います。 ただ、それ以外ではBrexit交渉が10月までには合意というようなニュースしかありません。 なので、リスクが先延ばしになっただけなので、ユーロについては売り戦略は変わりません。 緑丸のところで折り返すかと思っていましたが、ドル売りの影響もあるので、もう一段上も考えています。 戻ってきたところ、再度 ”1.1500”割れたら売りでエントリーを考えています。     ◎本日の要チェック   8月21日の主要8通貨の強弱グラフ   米10年債利回りチャート   日10年債利回りチャート   ドイツ10年債利回りチャート   イタリア10年債利回りチャート   ギリシャ10年債利回りチャート   トルコ10年債利回りチャート       ◎昨日の要人発言 トランプ米大統領 「米国人牧師めぐりトルコに譲歩しない」 「ロシアへの制裁解除を検討する可能性」 ロウ・オーストラリア準備銀行(RBA)総裁 「次回の行動は利上げの可能性が高く、利下げでない」 中国人民銀行高官 「人民元相場は主に市場の需給で決定される」 「人民元を貿易摩擦の武器として使用しない」 「人民元の柔軟性と市場主導の動きは高まっている」 「中国経済のファンダメンタルズは堅調であり、人民元を妥当な水準で基本的に安定させることは可能」 フォックス英国際貿易相 「欧州連合(EU)は、ブレグジットの対応を誤れば、世界における立場を損なうリスクを冒す可能性」 ロス米商務長官 「自動車関税に関する調査や報告が延期される可能性」 バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官 「ブレグジット交渉は最終段階に入っている」 「交渉はこれからも継続」 英国のラーブ欧州連合(EU)離脱担当相 「バルニエEU首席交渉官とポジティブな議論ができた」 「来週、再び会談することで合意」 「10月に合意できると確信」 「依然として克服するべき大きな課題がある」 カプラン米ダラス連銀総裁 「FRBは段階的に利上げし、中立金利にするべき」 「世界の金融市場や経済の進展を注視」 「米債券利回りを注意深く見守る」 トランプ米大統領の顧問弁護士だったマイケル・コーエン氏 「ある候補者の指示で選挙法に違反した」   ブログランキングやってます。 協力お願いします。 人気ブログランキング

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す