ECBフォーラムで要人発言多数! 「9月29日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > ECBフォーラムで要人発言多数! 「9月29日の注目点とイベントスケジュール」

2021年9月29日

ECBフォーラムで要人発言多数! 「9月29日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は金利の上昇、燃料資源価格の上昇、中国景気の後退懸念などから世界的に株価下落に繋がりました。

 

為替市場では米金利の上昇からドル買いが進み、英中銀(BOE)MPCメンバーに新たに加わったキャサリン・マン氏が利上げに否定的な発言をしたことからポンドのは下落しました。

また、月末と四半期末が近いということで、実需のユーロ買い・ポンド売りのフローが出たこともポンド売りの要因となっているようです。

 

本日も要人発言が多数予定されているので、昨日のポンドのように発言から大きなトレンドになることもあるので注意したいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)要人発言

 

本日も要人発言が多数予定されています。

なかでも注目しているのはECBフォーラムです。

ECBフォーラムでは、主要中銀のトップであるパウエルFRB議長、ラガルドECB総裁、ベイリーBOE総裁、黒田日銀総裁のパネルディスカッションが予定されています。

また、ECBで重要な要人であるレーンECB専務理事兼主席エコノミストもECBフォーラムに出席するので、金融政策に関する発言が出てくるのでは期待しています。

 

 

 

2)燃料資源価格の上昇

 

燃料価格の上昇により株価下落、リスクオフが注目されています。

原油価格、天然ガス価格、石炭価格など燃料系の資源価格が上昇しています。

燃料価格が上昇すると電気代が上昇し、運搬コストが上昇し、製造コストが上昇します。

コスト増は企業の収益を圧迫し、給与上昇を伴わない物価上昇に繋がってしまいます。

悪い物価上昇に繋がってしまい、景気後退に繋がる可能性があるので要注意です。

 

 

 

3)自民党総裁選

 

本日は自民党総裁選です。

一部では海外投資家も注目しているとの噂もあり、総裁選後の株価に注目です。

投開票は13時頃から開始され、第1回目の投票では国会議員票382票と党員票382票の計764票が投票されます。

第1回目の投票で過半数を獲得する候補が出ない場合は、上位2人での決選投票に移ります。

決選投票は国会議員票382票と都道府県連表47票の計429票で争われます。

 

おおよそのタイムスケジュールは以下の通り

 

13:00~ 投票開始

14:20頃 結果発表

15:40頃 決選投票の場合

夕方以降 新総裁記者会見

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

9月29日(水曜日)

 

自民党総裁選投開票

 

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)(速報値)

18:00 EUR ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)

20:35 EUR センテノ・ポルトガル中銀総裁、ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁、マクルーフ・アイルランド中銀総裁発言

22:00 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言(23年投票権)

23:00 USD 米中古住宅販売保留

23:30 USD 原油在庫量

23:30 EUR レーンECB専務理事兼主席エコノミスト発言(ECBフォーラム出席)

 

 

9月30日(木曜日)

 

00:45 GBP ベイリーBOE総裁発言(ECBフォーラム出席)

00:45 USD パウエルFRB議長発言(ECBフォーラム出席)

00:45 JPY 黒田日銀総裁発言(ECBフォーラム出席)

00:45 EUR ラガルドECB総裁発言(ECBフォーラム出席)

02:00 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

03:00 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁

10:00 CNY 中国製造業・非製造業PMI

10:30 AUD 豪建築許可件数

10:45 CNY 財新製造業PMI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND