ECB理事会・EUサミットなど欧州が注目の1週間! 「12月7日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > ECB理事会・EUサミットなど欧州が注目の1週間! 「12月7日週の注目点とイベントスケジュール」

2020年12月6日

ECB理事会・EUサミットなど欧州が注目の1週間! 「12月7日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は離脱協議に関するヘッドラインでポンドは乱高下する展開が続きました。

今週もポンド乱高下の展開は続きそうです。

 

また、今週はFOMCのブラックアウト期間に入っていることから、米要人の発言が少なくなっています。

経済指標も少なく、金融政策の発表以外では地政学リスクやリスクオン・オフがマーケットの取引要因となりそうです。

 

◎今週の注目点

 

1)離脱協議

 

毎週のように離脱協議期限と言われていますが、今週の木曜・金曜で開催されるEUサミットがEUの期限だと思われます。

先週も離脱協議に関するヘッドラインでポンドは乱高下する展開になっています。

今週もEUサミットに向けてヘッドライン相場が続くと思われます。

 

週末までの状況では、英国側からはネガティブな発言が多く、EU側からはポジティブな発言が多くみられています。

漁業権・補助金問題・司法権の3点で合意できていない模様で、中でも漁業権に関する発言が多く出てきています。

現状では合意できるか、時間切れとなるのか予想できない状況で、どちらか一方に賭けるのは危険な状況です。

結果をしっかりと見極めたいと思います。

 

 

 

2)米予算

 

今週の米国は2つの予算に注目です。

1つ目は追加景気対策案で、大統領選挙前から民主党と共和党で対策案の規模を巡り対立が続いています。

先週末に合意に近づく内容の発言が出てきていることから、合意を期待して株価上昇しています。

合意できないと株価の下落につながるかもしれないことから注目です。

 

2つ目は暫定予算です。

9月に合意・可決した暫定予算の期限が11日で切れてしまいます。

暫定予算の期限が切れると政府機関の閉鎖が出てきます。

11日までに暫定予算に合意・可決できるかに注目が集まります。

 

 

 

3)金融政策発表

 

今週はECBとBOCの2つの中銀から金融政策が発表されます。

また、英国と豪州からは金融安定報告書が発表される予定で、政策の変更や変更の足掛かりとなる内容が出てこないか注目です。

 

ECBは追加緩和として、PEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の5000億ユーロの拡大、PEPPの期間を6か月延長が予想され、織り込まれています。

一部報道では5000億ユーロを上回るの規模、期間を1年延長などが噂されています。

このことから、5000億ユーロの6か月延長が発表されてもユーロが売られにくいと思われます。

5000億ユーロの6か月延長を下回る内容が出てくると、ユーロ買いにつながる可能性が高いと思われます。

また、今後追加緩和の可能性を残すことが出来るか、マイナス金利の深掘りの可能性があるのか、記者会見にも注目です。

 

BOCに関しては据え置きが予想され、注目は声明文などでカナダドルの水準について触れられるかです。

ワクチンによる景気回復期待でリスクオンが進み、カナダドルが買われている状況。

主要産業でもある原油価格も底堅く上昇してきており、45ドルを超えてきています。

このまま、カナダドル高が進むかどうか、発言内容に注目です。

 

 

 

4)大統領選挙

 

段々とトランプ大統領に関する報道が減ってきていますが、今週の8日は選挙の選挙人確定期限で注目です。

選挙人が確定期限までに選挙人が確定しない場合、議会による投票に切り替わる可能性などが出てきます。

トランプ大統領の一発逆転の可能性が残るか、バイデン勝利が確定するか、8日の選挙人の結果に注目です。

 

 

 

5)ワクチン

 

マーケットはワクチンが承認され、ワクチン接種が始まり景気回復につながることを期待して株価が上昇しています。

今週の10日にはファイザー社のワクチンがFDA(食品医薬品局)によって承認される見込みとなっています。

順当に承認されれば問題ないと思いますが、承認されなければ、一時的に株価下落につながる可能性があります。

 

また、ワクチンの効果やワクチンの生産に関するヘッドラインでマーケットが動く可能性が高いので、ワクチン関連のヘッドラインには要注目です。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

12月07日(月曜日)

 

英・EU離脱協議

 

07:00 AUD ロウRBA総裁発言

 

 

12月08日(火曜日)

 

米大統領選挙 選挙人確定期限

英・EU離脱協議

 

00:00 CAD IveyPMI

05:00 USD 米消費者信用残高

08:50 JPY 日本国内総生産(7~9月期)(改定値)

09:30 AUD 豪NAB企業景況感指数・住宅価格指数

19:00 EUR ドイツZEW景況感指数

19:00 EUR ユーロ圏ZEW景況感指数・GDP(7~9月期)(確定値)

 

 

12月9日(水曜日)

 

英・EU離脱協議

 

08:30 AUD WestPac消費者信頼感指数

10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)

21:00 MXN メキシコCPI(消費者物価指数)

 

 

12月10日(木曜日)

 

EUサミット(首脳会議)

FDA諮問委員会(ファイザー・コロナワクチン承認検証)

 

00:00 CAD カナダ政策金利発表

00:30 USD 原油在庫量

09:30 AUD RBA金融安定報告書

16:00 GBP 英GDP

21:45 EUR ECB理事会・政策金利・声明文・スタッフ予想発表

22:30 EUR ラガルドECB総裁記者会見

22:30 USD 米CPI(消費者物価指数)・新規失業保険申請件数

 

 

12月11日(金曜日)

 

EUサミット(首脳会議)

米暫定予算期限

英中銀金融安定報告書

 

04:00 USD 米月次連邦財政収支

16:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

 

 

12月12日(土曜日)

 

00:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND