ECB理事会終了、ユーロは底打ち、買いトレンド入りか!? ~9月13日の注目点とイベントスケジュール~

TOP > 注目点とイベントスケジュール > ECB理事会終了、ユーロは底打ち、買いトレンド入りか!? ~9月13日の注目点とイベントスケジュール~

2019年9月13日

ECB理事会終了、ユーロは底打ち、買いトレンド入りか!? ~9月13日の注目点とイベントスケジュール~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

注目のECB理事会が終了。 大方の予想はあっていましたが、QE(緩和政策)の期間が定められなかったことは予想外でした。

 

ただ、その後のユーロは予想通りの動きだったかなと思います。 あとは、この後の動きを見極めてタイミングを計り、ユーロ買い戦略を考えてみようかと思っています。

 

また、昨日は米中通商協議に関する発言で、、大きく上下に振り回される1日でした。 まだまだ、トランプ発言に振り回されそうです……

◎本日の注目点

 

1)ECB理事会明け

 

昨日、ECBは利下げ+QE(緩和政策)導入+TLTRO3の変更+フォワードガイダンスの強化と、緩和策フルコンボだったのではないかと思います。 QE(緩和政策)については、ドイツ・フランス・オランダなど主要国が反対したようですが、ドラギ総裁が押し切った感じです。

 

ただ、マーケットの反応は、初動でユーロ売りに動いた後はユーロ買い戻しとなっています。 この後、ユーロにトレンドが出来るのか注目していきたいと思います。

 

 

 

2)長期金利

 

米10年債利回りが1.75%を超えてきています。 現在の米政策金利2.00%から、9月利下げ予定の0.25%を差し引くと、1.75%になります。 ということで、1.75%が注目されていましたが、超えてきています。 ここからさらに上昇していくようなことになれば、9月の利下げが怪しくなってきます。

 

また、現状の金利から見ると継続利下げは期待できず、トランプ大統領の反発が出てくることが予想されます。 金利の動向とトランプ発言に注目です。

 

 

 

3)その他リスク要因

 

・米中貿易戦争

・日韓関係

・北朝鮮ミサイル基地

・印パ、カシミール問題

・人民元安、韓国ウォン安

・イラク、中東問題

・Brexit合意なき離脱

 

特に米中貿易戦争に関しては、昨日から合意に関する発言が出始めています。 関連発言でマーケットが振り回されています。 米中発言やヘッドラインに要注意です。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

9月13日(金曜日)

 

EU非公式財務相理事会(13日・14日)

 

16:30 SEK スウェーデンGDP

18:00 EUR ユーロ圏貿易収支

21:30 USD 米小売売上高

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

9月14日(土曜日)

 

EU非公式財務相理事会(13日・14日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND