いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

ECB理事会議事要旨に注目! TLTRO導入の検討は!? ~2月21日の注目点とスケジュール~

 

昨日は原油価格の上昇でカナダドルが買われました。 ドルはFOMC議事録公表待ちで小動きでしたが、FOMC議事録はサプライズもなく若干のドル買いで反応しました。

 

最大の注目だった、メイ首相とユンケル欧州委員長の会談は想定されていた通り、何も決まらないまま結論は延期となりました。 ただ、会談前に合意の見込みとの見解でポンドは買われました。

 

 

◎本日の注目点

 

 

1)ECB理事会議事要旨

 

景気後退が懸念される欧州、先日のECB理事会では「TLTRO導入」を検討したと伝わったことでユーロが大きく売られました。 さすがに、今年の利上げは難しい状況と思いますが、再度緩和に向かうのか!?

それとも、ポイント的に「TLTRO」を使う程度に検討しているのか!?

また、どの程度議論が進んでいるのか!? 注目が集まると思います。

 

注目度も高まっていることと、ユーロドルはレンジ下値に近いことから、内容次第ではレンジ下抜けブレイク! 大きく下げる可能性もあります。 ユーロの動向に注目です。

 

TLTRO導入については以下も参照ください。

 


「LTRO」と「TLTRO」ここにきてECBの緩和策! ~FX用語解説~

 

 

 

2)欧州各国PMI

 

上記、ECB理事会も注目ですが、本日は景気先行指数であるPMIが発表されます。 景気減速が懸念されています。 その中で、PMIは将来の景気予想として使われる経済指標が発表されます。 製造業・サービス業・総合と発表されます。 仮に、下振れが続けて出てくるようであれば、ユーロの下押しにつながる可能性が高いと思います。

 

 

 

3)豪・雇用統計

 

先日のRBA理事会とロウRBA総裁の発言が要因で、大きく上下したオージードルです。 本日は雇用者数増減と失業率、また明朝にはロウRBA総裁の発言が予定されています。 結果と発言内容次第で、再度大きく動く可能性があります。 要注目です。 

 


豪ドル下落の背景と今後の注目点について! ~2月RBA理事会まとめ~

 

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

2月21日(木曜日)

 

09:30 AUD 雇用者数増減・失業率

16:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

16:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

17:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI

17:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI

18:00 EUR EU製造業・サービス業・総合PMI

19:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

21:30 EUR ECB理事会議事要旨

21:50 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

22:30 USD 耐久財受注・フィラデルフィア連銀製造業指数

23:45 USD 製造業・サービス業・総合PMI

 

2月22日(金曜日)

 

01:00 USD 原油在庫量

02:35 CAD ポロズBOC総裁発言

07:30 AUD ロウRBA総裁発言

 

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す