FOMCを控えて動きづらい展開の中、リスク要因に注目! 「7月27日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > FOMCを控えて動きづらい展開の中、リスク要因に注目! 「7月27日の注目点とイベントスケジュール」

2021年7月27日

FOMCを控えて動きづらい展開の中、リスク要因に注目! 「7月27日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日はFOMCを控えて全体的に様子見姿勢が強く動きづらい展開の中、東京市場では中国リスクとコロナ感染拡大リスクでリスクオフムードが高まり、円高オセアニア通貨安が進みました。

ただ、欧州勢参入後は一転リスクオフムードは後退し円安ドル安、ポンド高が進みました。

 

本日もFOMCを控えて動きづらい展開が予想されるなか、リスク要因がマーケットの中心になりそうな気がしています。

 

◎本日の注目点

 

1)リスク要因

 

本日は重要指標が少なく、リスク要因がマーケットを動かすと思われ、中国リスクと米株リスク、コロナリスクに注目しています。

中国当局が中国企業に対し規制強化を発表したことで上海総合指数や香港ハンセン指数は大きく下落しています。

中国の締め付けは、まだ進む可能性があるので注意しておきたいと思います。

 

また、米国では決算発表がラッシュを迎えており、本日も米大手企業の決算が予定されています。

好業績が予想されている企業が、サプライズで下方修正を発表すると株価下落に繋がり、リスクオフ要因になると見ています。

 

また、コロナデルタ株は世界的に感染拡大しており、外出規制を強化する動きも見えてきています。

コロナによる経済停滞、回復期待の後退に繋がらないか注目です。

 

 

 

2)米議会

 

昨日同様、米議会ではインフラ投資法案の修正作業が進められると思います。

先週否決されたインフラ法案について、昨日も米議会で協議されましたが共和党が反対しています。

8月9日からの米議会休会を前にインフラ法案を成立させたいバイデン政権は、共和党が納得する内容に修正するのか、単独過半数の立場から強硬姿勢を貫くのか注目です。

インフラ法案の調整が、財政支出を期待して上昇している株価に影響が出てこないか注目しています。

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

7月27日(火曜日)

 

16:30 JPY 黒田日銀総裁発言

21:30 USD 米耐久財受注・住宅価格指数

23:00 USD 米消費者信頼感指数

23:00 EUR デコス・スペイン中銀総裁発言

 

 

7月28日(水曜日)

 

02:00 USD 米5年債入札

08:50 JPY 日銀金融政策決定会合における主な意見(7月16日分)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND