FOMC議事要旨、テーパリングや利上げについての議論に注目! 「7月7日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > FOMC議事要旨、テーパリングや利上げについての議論に注目! 「7月7日の注目点とイベントスケジュール」

2021年7月7日

FOMC議事要旨、テーパリングや利上げについての議論に注目! 「7月7日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日のRBA理事会は予想通り、もしくは予想よりも若干ハト派な内容だった為、発表直後は豪ドル売りで反応しました。

ただ、昨日早朝にNZ中銀が年内に利上げするのではないかとの予想が出たことで上昇していたNZドルに引っ張られるように豪ドルも上昇しました。

 

NY時間に入ると弱い結果だったISM非製造業景況指数の影響や、OPECプラス閣僚級会合が決裂したことでリスクオフに傾き、株価は下落、資源国通貨は下落、米ドルや円が買われる展開となりました。

本日早朝にはイラク北部アルビールの米軍基地にミサイル攻撃があったとの報道もあり、リスクオフが進む可能性が出てきています。

 

本日は注目のFOMC議事要旨の発表がありますが、それ以外で取引材料がないので、、リスク要因が取引材料となる可能性が高くなっています。

 

◎本日の注目点

 

1)FOMC議事要旨

 

6月のFOMCは予想を上回るタカ派な結果であったため、ドル買いが大きく進みました。

本日は6月のFOMCの議事要旨が発表されます。

タカ派な内容が出てくると思われ、注目はテーパリングや利上げについて議論されていたかに集まると思います。

テーパリングや利上げについて議論されていたとなればドル買いが進む可能性があるので注意しておきたいと思います。

 

 

 

2)リスクオフ

 

昨日、OPECプラス閣僚級会合が決裂したことで原油価格は大きく下落。

原油価格が不安定になるのではないかとの懸念からリスクオフに傾いています。

 

また、早朝にイラク北部アルビールの米軍基地にミサイル攻撃があったとの報道もあり、中東の地政学リスクも高まっています。

イランイスラム革命防衛隊の活動が激化した場合はリスクオフは大きく進む可能性があるので気を付けておきたいと思います。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

7月7日(水曜日)

 

23:00 CAD カナダIveyPMI

 

 

7月8日(木曜日)

 

03:00 USD FOMC議事要旨(6月16日分)

04:30 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND