FRB・RBAの利下げ確率は!? ~7月16日の注目点とイベントスケジュール~

TOP > 注目点とイベントスケジュール > FRB・RBAの利下げ確率は!? ~7月16日の注目点とイベントスケジュール~

2019年7月16日

FRB・RBAの利下げ確率は!? ~7月16日の注目点とイベントスケジュール~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は、東京市場が休日で小動きでした。 Brexit懸念でポンド軟調、緩和拡大懸念でユーロ軟調、その他は方向感に欠け小動きです。

 

本日は豪ドルや米ドルで方向感が出てくるのか!? ボラティリティは出てくるのか!? 株価・金利は動くのか!? 注目です。

 

◎本日の注目点

 

 

1)RBA理事会議事要旨

 

2会合連続利下げを実施した、RBA(豪中銀)の今後のスタンスが注目です。 豪長期金利利回りを見ると下げ止まっています。 豪ドルも下げ止まっています。

 

本日発表のRBA理事会議事要旨で、今後の利下げについてどのような見解なのか、追加利下げはあるのか注目しています。 もし、追加利下げが見えてくるようであれば、もう一段の豪ドル安に繋がるのではないかと思います。 要注目です。

 

 

 

2)要人発言

 

月末にFOMCを控えて、そろそろブラックアウト期間に入ります。 なので、FOMCで据え置きなのか!? 0.25%の利下げなのか!? 0.5%の利下げなのか!? 要人発言から読み取るため注目が集まっています。 要人発言には要注意です。

 

 

 

3)金利と株価

 

最近の為替相場は、金利動向と相関関係が高くなっています。 世界的に緩和政策にシフトしていることから、長期金利が低下しています。 なので、中央銀行が利下げするのか!? 追加緩和するのか!? マーケットがどのくらい期待しているのか!? 金利から読み取ろうとしていることから、相関性が高まっていると思われます。

 

米金利は上昇しているのに、株価も上昇しているときなど、金利の動きと株価の動きが一致しないときがあると思います。 現在のマーケットは金利相場なので、金利の動向に注目。 金利と為替の相関性が一致しないときは、どちらかに寄っていくと思われます。 どちらがついていくのか注目しています。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

7月16日(火曜日)

 

07:45 NZD 四半期CPI(消費者物価指数)

10:30 AUD RBA理事会議事要旨

16:00 TRY トルコ失業率

16:00 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

17:30 GBP 英雇用統計・失業率

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

18:00 EUR ドイツZEW景況感指数

18:00 EUR 欧州ZEW景況感指数

21:00 GBP カーニーBOE総裁発言

21:15 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言・ボウマンFRB理事発言

21:30 USD 小売売上高

 

 

7月17日(水曜日)

 

G7財務相・中央銀行総裁会議

 

01:20 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言

02:00 USD パウエルFRB議長発言

04:30 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND