OPECプラス閣僚級会合やPCEデフレーターに注目! 「3月31日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > OPECプラス閣僚級会合やPCEデフレーターに注目! 「3月31日の注目点とイベントスケジュール」

2022年3月31日

OPECプラス閣僚級会合やPCEデフレーターに注目! 「3月31日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日、黒田日銀総裁と岸田首相が会談をするとの報道で、円安に対する対策が講じられるのではないかとの観測から円買いが進みましたが、結果は注視するレベルで終了。

特に対応策は出てきませんでした。

それどころか、米国の利上げによるドル高が要因など、円安ではないと円安容認姿勢を示しました。

このことで、買われていた円は売り戻され、再度円安が進みました。

 

欧州では注目されていたドイツの物価が予想以上の伸びを示したことと、スペインでも予想以上の物価の伸びが示されました。

利上げ観測が高まり、ユーロ買いが進んでいます。

 

本日はPCEデフレーターはじめ、重要指標も多く、要人発言も予定されているので大きな値動きになるのではないかと注目しています。

◎本日の注目点

 

1)経済指標

 

PCEデフレーター

PCEデフレーターはFRBが最も注目している物価指標です。

FRBは物価上昇を抑えることに必死です。

PCEデフレーターが予想以上の伸びを示した場合は、利上げ加速観測に繋がり、ドル買いが進むのではないかと注目しています。

 

 

 

フランスHICP(消費者物価指数)

昨日のドイツは予想以上の物価上昇が示されました。

本日のフランスHICP(消費者物価指数)で予想以上の物価上昇が出てくるようだと、早期の利上げ観測に繋がりユーロ買いが進む可能性が高いと考えています。

また、本日は速報値なので、予想と結果が乖離しやすいので注目しています。

 

 

 

カナダGDP

カナダは利上げ局面で、追加利上げに注目が集まっています。

本日のGDPが堅調な結果となれば追加利上げの可能性が高くなり、カナダドル買いに繋がるのではないかと予想しています。

最近の原油高や資源高もあり、カナダドルは買われやすい状況にあるのではないかと考えています。

 

 

 

 

2)OPECプラス閣僚級会合

 

OPECプラス閣僚級会合にはロシアが入っていますが、どのような会合になるのか注目しています。

原油価格は高止まりしています。

サウジアラビアでは石油施設がドローン攻撃にあい、火災が発生し供給に懸念が出てきています。

このような状況で、OPECプラス閣僚級会合には増産を期待していますが、どのような結果になるのか注目です。

増産するようであれば、原油価格の下押し要因となります。

逆に増産しない、産油の見通しが下方修正されるようであれば、原油価格の上昇に繋がり、世界的なエネルギー価格の上昇に繋がり、リスク要因になるのではないかと注目しています。

 

 

 

3)要人発言

 

日銀・日本政府

円安けん制発言に注目。

昨日、黒田日銀総裁と岸田首相が会談との報道で、円安対策が出てくるのではないかとの思惑から円高が進みました。

その後、会談内容から円安けん制発言が無かったことで、再度円売りが進んでいます。

本日も円高けん制発言が出てこないか、ぐらい的な対応策が出てこないか注目です。

 

 

 

FRB

本日はウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁の発言に注目です。

0.5%利上げの可能性について言及があるのか、0.5%利上げの可能性が高くなるとドル買いが進む可能性が高くなるのではないかと注目しています。

また、最近の米国債逆イールドについて、今後の景気見通しやスタグフレーションの可能性について、どのような発言が出てくるかにも注目しておきたいと思います。

逆イールドを懸念して、利上げ回数を減らすような内容が出てくるとドル買いが後退する可能性が高くなるので発言内容に注目しておきたいと思います。

その他の要人からも同様な内容が出てこないか注目です。

 

 

 

ECB

昨日ドイツの物価が予想以上の伸びを示したことで、ECB理事会メンバーからは年内利上げやマイナス金利の解除などタカ派な内容が出始めています。

本日もECB要人発言が多数予定されていることから、年内利上げの可能性について発言が出てこないか注目です。

年内利上げ発言が続き、利上げ観測が進めばユーロ買いが出てくると思っています。

米国や英国、カナダなどと比べて、利上げの織り込みが遅れている分だけユーロ買い余地が残っているのではないかと期待しています。

 

 

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

3月31日(木曜日)

 

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」閣僚級会合

 

10:30 CNY 中国製造業・非製造業PMI

15:00 GBP 英四半期GDP(改定値)

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)(速報値)

16:55 EUR ドイツ雇用統計・失業率

17:00 EUR レーンECB専務理事兼主席エコノミスト発言

19:00 EUR デギントスECB副総裁発言

21:30 USD 米PCEデフレーター・失業保険申請件数

21:30 CAD カナダGDP

22:00 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

 

 

4月1日(金曜日)

 

08:50 JPY 日銀短観

10:45 CNY 財新製造業PMI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

 

RECOMMEND