RBA理事会で豪ドル買いの押し目が出来るか!? 「3月2日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > RBA理事会で豪ドル買いの押し目が出来るか!? 「3月2日の注目点とイベントスケジュール」

2021年3月2日

RBA理事会で豪ドル買いの押し目が出来るか!? 「3月2日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週末の大きな株価下落、リスクオフの流れは一過性の物だったようで、昨日は株価反発上昇しリスクオンの流れに戻りました。

米金利の上昇も一服し、1.4%台で推移しています。

本日も米金利の動きがマーケットの中心になるのは変わらないと思われます。

 

経済指標やイベントなどが米金利を始め、各国金利にどのように影響するのか注目していきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)RBA理事会

 

本日はRBA理事会が予定されていて、予想は据え置き、声明文で先月同様に長期の緩和姿勢が示されるのではないかと思っています。

予想通りの内容であった場合は一旦豪ドル売りで反応するかもしれませんが、その後は強い経済指標から早期に緩和の縮小に動くとの期待から豪ドル買いに転換するのではないかと思われます。

無いとは思いますが、先月と比べてタカ派に内容が変更していた場合は、大きく豪ドルが買われる可能性があるので、声明文には注意しておきたいと思います。

 

 

 

2)要人発言

 

本日ブレイナードFRB理事の発言やデイリー・サンフランシスコ連銀総裁の発言が予定されています。

昨日もブレイナード理事の発言で米ドルが動いたので、本日も発言内容と金利と株価の動きに注目です。

ブレイナード理事とデイリー・サンフランシスコ連銀総裁はともに2021年のFOMCで投票権を持っているので、注目度は高いです。

 

 

 

3)カナダGDP

 

本日カナダでは10~12月期の四半期GDPが発表されます。

カナダでは追加緩和が噂されているため、GDPの結果が予想を下回るようであれば追加緩和の織り込みが進んでいくのではないかと思われます。

GDPの結果とカナダドルの動きに注目です。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

3月2日(火曜日)

 

09:30 AUD 豪建築許可件数

12:30 AUD RBA理事会・政策金利・声明文発表

17:55 EUR ドイツ失業率

19:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

22:30 CAD カナダGDP(10~12月期)

22:40 EUR パネッタECB専務理事発言

 

 

3月3日(水曜日)

 

03:00 USD ブレイナードFRB理事発言

04:00 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

06:45 NZD NZ建築許可件数

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND