RBA議事要旨でタカ派サプライズはあるのか!? 「7月20日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > RBA議事要旨でタカ派サプライズはあるのか!? 「7月20日の注目点とイベントスケジュール」

2021年7月20日

RBA議事要旨でタカ派サプライズはあるのか!? 「7月20日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は目立ったイベントもなく要人発言も予定されていない状況でしたが、コロナ感染再拡大やOPECプラスで増産が決定したことによる原油価格の下落からリスクオフムードが高まり、世界的に株価が下落。

欧州では洪水の影響もあり、欧州株の下落に繋がっています。

リスクオフが進んだことで円が大きく買われ、資源国通貨が大きく売られる展開となりました。

 

本日もこの流れが継続する可能性があるので、リスクオフムードが落ち着くのか株価や債券利回りに注意しておきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)RBA理事会議事要旨

 

本日はRBA理事会議事要旨の公表が予定され、資産購入の再検討が行われた理事会の議事要旨なのでサプライズな内容が含まれていないか注目が集まっています。

お隣のニュージーランドはコロナ禍から回復し、経済正常化が進んでいることからテーパリングがスタートし、年内利上げ期待が高まっています。

豪州は9月以降の資産購入ペースを減額してはいるものの、量的緩和の継続が発表されてハト派色が強い内容だった理事会でした。

議事要旨では、少しは利上げに関して議論されたのか、タカ派な意見は無かったのか注目したいと思います。

 

 

 

2)リスクオフ

 

昨日はコロナウイルスの変異種、デルタ株の拡大により世界的に感染が再拡大しています。

このことで外出規制などの懸念から経済後退、需給の低下懸念から株価は下落、リスクオフムードが高まっています。

また、このタイミングでOPECプラスが増産を決めたこともあり、原油価格が下落したこともリスクオフムードが高まる要因の一つではないかと見られています。

世界的な株価下落、債券利回りの低下、資源国通貨売り、円やフラン買いが本日も続くのか注目したいと思います。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

7月20日(火曜日)

 

08:30 JPY 日CPI(消費者物価指数)

10:30 AUD RBA理事会議事要旨(7月6日分)

16:30 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

21:30 USD 米建築許可件数

 

 

7月21日(水曜日)

 

08:50 JPY 日銀金融政策決定会合議事要旨(6月18日分)・貿易収支

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND