いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

夏休みで閑散相場か? リスクオフで大荒れ相場か? ~8月5日週の注目点とイベントスケジュール~

 

先週は、FOMCで約10年ぶりの利下げが行われたと思いきや、パウエルFRB議長の記者会見で連続利下げが否定されると、トランプ大統領のパウエルFRB議長批判ツイートが出てきました。 これだけでは終わらないかと思ってはいましたが、まさかの対中関税第4弾が発表されました。

 

マーケットは一気にリスクオフ! 金価格・VIX指数は上昇、株価は世界的に下落、クロス円・クロスフランは大きく買われました。

 

英国は、合意なき離脱の可能性が高まり、安定のポンド売り。 先物ポジションでは歴史的ショートが溜まっています。

 

今週のマーケットは、夏休みしている参加者も多く、閑散とした相場になりそうな反面、リスクオフが進めばイッキにポジションが傾きそうな気もします。

◎今週の注目点

 

1)リスクオフ

 

米中関係

トランプ大統領による対中関税第4弾が急遽浮上しました。 急遽浮上したことで、マーケットは大きくリスクオフに傾きました。 恐怖指数(VIX指数)は上昇、為替市場も久しぶりのボラティリティが上がっています。

 

今週は、対中関税第4弾リスクオフになった相場が、織り込んで落ち着きを取り戻すのか!? それとも、追加材料が出てきて、さらなるリスクオフへ向かうのか!? 注目の週になりそうです。 クロス円は、多くの通貨で1月のフラッシュクラッシュ時につけた安値を更新しています。 ドル円はフラッシュクラッシュ時の安値104円台(業者によって差があり)へ向かうのではないか!? 105円が次のターゲットとなりそうです。

 

 

米欧関係

先週末、米国はEUとの間で、牛肉に関する無関税協定を結んだとトランプ大統領は発表しました。 今回の牛肉の件は、対中関税で牛肉輸出が減少した分の対処ではないかとの見方や、中国に対する当てつけではないかとの見方もあります。

ただ、米欧の間では、デジタル課税や自動車関税など問題を多く抱えています。 特にデジタル課税では、フランスで可決していることから対立が深まっています。 トランプ大統領は報復関税などと言う発言も出てきています。 米中関係でリスクオフとなっているだけに、さらなるリスクオフにならないか注目です。

 

 

 

2)金融政策発表

 

RBA(豪中銀)

6月7月と連続利下げで1.5%から1.0%まで政策金利を下げています。 今回は据え置き予想ですが、さらなる利下げ予想も出てきています。 利下げがあればサプライズ、利下げがなくても声明文で追加利下げが出てくれば、豪ドル売りに繋がるのではないかと思います。 ただ、先週のリスクオフで大きく売られた豪ドル、IMMの通貨先物では豪ドルショートが溜まっています。 据え置きで、声明文で利下げ打ち止めが示唆された場合には、巻き戻し・調整買いが入るのか気にしています。

 

RBNZ(NZ中銀)

5月に1.75%から1.5%に利下げをして、前回会合では据え置きでした。 今回は1.25%に利下げするのではないかと予想されています。 RBNZでもRBA同様、声明文で追加利下げがあるのかどうかに注目が集まります。 

 

 

 

3)日韓関係

 

日韓関係では、日本が韓国をホワイト国からグループBに下げる閣議決定が報じられると、韓国も日本を貿易優遇国から外すことを決定。 また、日韓軍事協定、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄をちらつかせてきています。 米国、ポンペオ国務長官は、日韓貿易については触れていないと報じられていますが、実際の所は分かりません。 ただ、日韓軍事協定に関しては、日米韓の軍事協定に影響し北朝鮮問題に影響することから、ポンペオ国務長官は間に入ったとされています。

 

このような状況で、28日からホワイト国除外が決まったことに対する影響を、今週見極めることになりそうだと思う。

まず、日本の関連企業の株価が気になります。 米中関税の件で日経平均は大きく下げていますが、日韓関連企業の株価が下げればさらなる追い打ちになりそうです。

その他に、追加の報復措置などが出てこないか、注目しています。 不買運動だけでなく、姉妹都市の一時停止や交流停止など出てきています。 今後の影響に注目です。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

8月5日(月曜日)

 

10:45 CNY 財新サービス業PMI

15:30 SEK サービス業PMI

16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数)

16:45 EUR イタリア総合・サービス業PMI

16:50 EUR フランス総合・サービス業PMI

16:55 EUR ドイツ総合・サービス業PMI

17:00 EUR ユーロ圏総合・サービス業PMI

17:30 GBP 英サービス業PMI

22:45 USD 米総合・サービス業PMI

23:00 USD ISM非製造業景況指数

 

 

8月6日(火曜日)

 

07:45 NZD 雇用者数増減・失業率

10:30 AUD 貿易収支

13:30 AUD RBA政策金利発表・声明文

 

 

8月7日(水曜日)

 

01:00 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言

02:00 USD 3年債入札

08:50 JPY 日銀金融政策決定会合における主な意見(7月29・30日分)

11:00 NZD RBNZ政策金利発表・声明文

12:00 NZD オアRBNZ総裁記者会見

13:00 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

16:30 GBP Halifax住宅価格指数

23:00 CAD IveyPMI

23:30 USD 原油在庫量

 

 

8月8日(木曜日)

 

01:00 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

02:00 USD 10年債入札

04:00 USD 米消費者信用残高

06:30 AUD ブロックRBA総裁補佐発言

12:00 CNY 貿易収支

17:00 EUR ECB経済報告

21:30 CAD 新築住宅価格指数

22:00 MXN メキシコCPI(消費者物価指数)

 

 

8月9日(金曜日)

 

02:00 USD 30年債入札

08:30 AUD ロウRBA総裁発言

08:50 JPY GDP

10:30 AUD RBA四半期金融政策発表

10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)

15:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数)

17:00 USD IEA月次報告

17:30 GBP 英GDP

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

21:30 USD PPI(生産者物価指数)

21:30 CAD 雇用者数増減・失業率

22:00 GBP NIESR英GDP予想

 

 

8月10日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら