いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

2018年06月25日週の注目材料

6/25(月曜日) 08:50 JPY  日銀金融政策決定会合主な意見(6月15日分) 17:30 EUR ノボトニー・オーストリア中銀総裁発言 6/26(火曜日) 08:00 NZD バスカンドRBNZ副総裁発言 17:00 EUR ハンソン・エストニア中銀総裁発言 18:30 GBP マカファーティーBOE外部理事発言 23:00 USD 消費者信頼感 6/27(水曜日) プラートECB理事、オランダ議会で発言予定 02:00 USD 米2年債入札(340億ドル) 02:00 USD ボスティック米アトランタ連銀総裁発言 02:45 USD カプラン米ダラス連銀総裁発言 07:45 NZD NZ貿易収支 17:30 GBP カーニーBOE総裁発言 20:00 CZK チェコ公定歩合発表 21:30 USD 米耐久財受注 23:30 USD 米週間原油在庫 6/28(木曜日) EU首脳会議(-29日) 00:00 USD クウォールズFRB副総裁発言 00:30 USD 米2年物変動利付債入札(160億ドル) 01:15 USD ローゼングレン米ボストン連銀総裁発言 02:00 USD 米5年債入札(360億ドル) 04:00 CAD ポロズBOC総裁発言 06:00 NZD RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表 17:00 EUR ECBマンスリーレポート 21:30 USD 米1-3月期GDP・確報値 22:30 GBP ホールデンBOE主席エコノミスト発言 23:45 USD ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 6/29(金曜日) EU首脳会議(28日-) 01:15 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言 02:00 USD 米7年債入札(300億ドル) 17:30 GBP 英1-3月期GDP・確報値 18:00 EUR 欧州消費者物価指数 21:30 USD 米コアPCEデフレーター 21:30 USD 加GDP 23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 6/30(土曜日) 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント 10:00 CNY 中国製造業PMI       ※ダドリー・ニューヨーク連銀総裁は退任、後任にはウィリアムズ・元サンフランシスコ連銀総裁が就任。 サンフランシスコ連銀にはマーク・グールドさんが暫定就任しています。(FEDホームページより)         今日(日本時間25日02:00)ごろからトルコ大統領選挙トルコ議会選挙の開票が始まります。 エルドアン大統領が優勢ですが、過半数を獲得できなかった場合は決選投票になる予定。 ただ、今後のトルコ政治がどうなるか⁉ トルコ中銀の立ち位置がどうなるか⁉ 市場は注目しています。 早朝の商いが薄い時間帯に大きく動く可能性もあるので要注目しておきたいと思います。   その他は、米・英・加のGDPが発表されます。 指標の中では要注意です。   最近は政治相場のほうが強い傾向にあるので、イタリア・スペイン・英国・米国の要人発言・ヘッドラインには要注意しておきたいと思います。     週末からの要人発言 トランプ米大統領 「GDPの伸びは4%達成に非常に近い」 布野日銀審議委員 「物価の先行き、下振れリスクが大きく注視すべき」 「景気の緩やかな拡大が続く一方で、物価は弱めの動き」 「物価目標実現になお距離、強力な緩和策を粘り強く進めることが必要」 ビルロワドガロー仏中銀総裁 「インフレは正しい方向に進んでいるとより確信」 「米通商政策の不透明感やブレグジットリスクが経済のグロバール化を阻害」 ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁 「緩和政策の継続は適切である」 「スイスフランは依然として高く評価されている」 「世界経済の下向きリスクは増大している」 「伊政局の不透明感がフランを強くした」 「ユーロ圏との金利差がとても重要」 「SNBの金融政策は独自性を保つ」 「金利見通しのガイダンスは示さない」 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁 「経済の過熱の兆しは無い」 「最近の減税が長期的にどのような効果があるか判断するのは早すぎる」 「減税により投資が増えているということはまだ聞いていない」 「減税が長期的に経済成長を支えるかは不透明」 ロス米商務長官 「トランプ大統領が目指す貿易障壁引き下げや公平な競争の構築に向けて、米国は貿易相手国に厳しい環境を構築することが必要」 トランプ米大統領 「北朝鮮は核試験場を破壊している」 「北朝鮮に残されている米国人は帰国の途につく過程」 ファリハ・サウジアラビア・エネルギー産業鉱物資源相 「2018年下半期の原油需要は、上半期を日量200万バレル上回る見通し」 ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事 「輸入関税がユーロ圏の成長にとって重大なリスク要因」 「欧州中央銀行(ECB)理事会による長期間の低金利継続決定に同意」 ザンギャネ・イラン石油相 「石油輸出国機構(OPEC)で合意に達せるとは思えない」 米国家経済会議(NEC)高官 「7月6日までに、米中通商会議の開催を模索する」 カーニーBOE(イングランド銀行)総裁 「英国の金融機関は、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)を巡る混乱に対して十分耐えることができる」 ハモンド英財務相 「財務省はブレグジットの敵ではない」 「英国とユーロの財務当局は深く結びついていないとならない」 ルアイビ・イラク石油相 「過半数が原油増産に賛成」 ノバク露石油相 「日量100万バレルの増産を推奨」 関係者 「米国は日本にイラン産原油の輸入停止を要請」 ナイジェリア石油相 「石油輸出機構(OPEC)会合では、割り当て量については特定な話は無かった」 石油輸出国機構 (OPEC)関係者 「次回のOPEC会合は12月3日に決定」 イラン石油相 「実際の増産は日量70万バレル未満になる」 トランプ米大統領 「EUの自動車すべてに20%の関税を賦課する」 サルビーニ伊副首相兼内相(同盟党首) 「統合欧州が存在しているか否か、1年後に分かる」 「移民は、これ以上1人も受け入れられない」  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら