いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

2018年6月04日週の注目材料

  06月04日(月曜日) ウェリントン市場休場 第3回米中通商協議 10:30 AUD 小売売上高 16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数) 17:30 GBP 建設業PMI 20:30 EUR ノボトニー・オーストリア中銀総裁発言 23:00 USD 耐久財受注 06月05日(火曜日) 02:00 GBP テンレイロBOE外部理事発言 10:45 CNY 財新サービス業PMI 13:30 AUD 政策金利・声明文発表 15:30 SEK サービス業PMI 16:00 HUF ハンガリーGDP 17:30 GBP サービス業PMI 18:30 EUR ノボトニー・オーストリア中銀総裁発言 19:00 GBP カンリフBOE副総裁発言 19:00 EUR コンテ伊政権、イタリア上院で信任投票 22:00 EUR ドラギECB総裁発言 22:45 USD サービス業PMI 23:00 USD ISM非製造業景況指数 06月06日(水曜日) 02:30 EUR ヴァイトマン独連銀総裁発言 10:30 AUD 豪GDP 16:00 EUR プラートECB理事発言 18:00 EUR クノット・オランダ中銀総裁 19:00 GBP テンレイロBOE外部理事発言 20:30 EUR ショルツ独財務相発言 21:30 USD 貿易収支 21:30 CAD 貿易収支 23:00 CAD Ivey購買部協会指数 23:30 USD 原油在庫量 06月07日(木曜日) 日米首脳会談(ワシントン) 00:00 GBP マカファーティーBOE外部理事発言 10:30 AUD 貿易収支 16:30 GBP Halifax住宅価格指数 17:00 EUR メルケル独首相発言 17:00 EUR ショルツ独財務相発言 18:00 EUR 欧州GDP 20:00 TRY トルコ政策金利発表 22:00 MXN メキシコCPI(消費者物価指数) 06月08日(金曜日) G7首脳会談(カナダのシャルルボワ) 00:00 GBP ラムスデンBOE副総裁発言 08:50 JPY  貿易収支 16:15 EUR メルシェECB理事発言 20:00 GBP NIESR GDP予想 21:30 CAD 雇用者数増減・失業率 22:30 EUR ショルツ独財務相発言 06月09日(土曜日) G7首脳会談(カナダのシャルルボワ) 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント 10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)         先週は欧州(イタリア・スペイン)の政治リスクに振り回される一週間でした。 さらに、米国の鉄鋼・アルミへの関税と各国の報復関税とリスクの多いい週間でした。 米金利は下落、円高・フラン高と典型的なリスクオフ相場となりました。 また、震源地のイタリアの長期金利は急騰しています。     イタリア10年債利回りチャート       米10年債利回りチャート   最近の金利下落で、FRBの年内4回利上げの確率が50%台から10%台まで下がってしまいました。 米国は、新規雇用・平均時給・ISM製造業と良い結果が出たことで金利は上昇。 先週の雇用統計とISM、今週のISM、来週のCPIの結果で米長期金利がどうなるかが注目です。 来週にはFOMCが予定され、利上げが予想されています。 今週は、利上げ前の重要指標に注目です。 ちなみに、雇用統計の前にトランプ大統領は指標結果をツイートしてしまうという失態を犯してしまいました。 なので、ドル円は指標発表前から異常な上昇をしています。 今後もないとは言えないので、指標前のトランプ大統領のTwitterに要注目です。     USD/JPY1分足チャート     ユーロに関しては、先週末にイタリアの政権樹立したことで、いったんのリスクが後退。 ユーロは反発、上昇しました。 ただ、まだまだリスクの種(火種)は残っているので、ユーロはまだ注意が必要です。 来週にはECB理事会も予定されています。 今回のECB理事会では、9月以降のQEのフォワードガイダンスが出るのではないかと期待されています。   EUR/USD日足チャート     EUD/USD時間足チャート   米国、欧州は重要な局面を来週に控えているので、今週は調整の週になる可能性が高いと思われます。       今週の最大の注目点は、トルコ政策金利発表です。 先週Bloombergの報道によると、政策金利を8%から16.5%に一気に利上げ! コンセンサスはわかりませんが、利上げの状況と声明文に、かなり注目しています。   TRY/JPY時間足チャート     USD/TRY時間足チャート     EUR/TRY時間足チャート     トルコは緊急利上げを2回行いました。 このような、緊急利上げや為替介入は中央銀行の防衛したい為替水準を想定しやすくしてくれます。 これを参考に、トルコをLong戦略を考えているのですが、EURとの組み合わせがスワップ金利が良いようです。 なので、EUR/TRYのショートポジションを持ってみました!       今週もよろしくお願いします。   マネックスFX 通常口座開設?|?fx-on.comカンタン・カシコイ自動発注 オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設?|?fx-on.com

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら