いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

2018年8月06日週の重要指標と注目点

8/6(月曜日) 特に重要指標なし 8/7(火曜日) 13:30 AUD 政策金利・声明文発表 16:30 SEK スウェーデン鉱工業生産 23:00 CAD Ivey購買部協会指数 8/8(水曜日) 時間未定 中国貿易収支 03:00 USD 3年債入札 08:50 JPY 日銀 主な意見公表(7/30・31日分) 10:30 AUD 住宅ローン 12:00 NZD 予想インフレ率 12:05 AUD ロウRBA総裁発言 21:30 CAD 住宅建設許可件数 21:45 USD バーキン・リッチモンド連銀総裁発言 23:30 USD 原油在庫量 8/9(木曜日) 日米通商協議(ワシントン) 02:00 USD 10年債入札 06:00 NZD 政策金利発表 10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数) 17:00 EUR ECBマンスリーレポート 20:00 GBP NIESR GDP予想 21:30 USD 米PPI(生産者物価指数) 22:00 MXN メキシコCPI(消費者物価指数) 8/10(金曜日) 02:00 USD 30年債入札 07:30 NZD 製造業PMI 08:50 JPY 日GDP 10:30 AUD RBA四半期金融報告 15:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数) 16:30 SEK スウェーデンCPI(消費者物価指数) 17:30 GBP 英GDP(前月比)・四半期GDP(速報値)・貿易収支 21:30 USD 米CPI(消費者物価指数) 21:30 CAD 雇用者数増減・失業率 22:00 GBP NIESR 月次GDP予想 8/11(土曜日) 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント 03:00 USD 月次予算諸表(財政収支)   は指標トレード予定の経済指標     ◎今週の注目点 今週は先週の金融政策変更のようなビックイベントはありません。 週後半には、大きく動く経済指標があります。 特に注目しているのは、英GDPカナダ雇用です。   カナダは主要産業である原油価格が、70ドル前後の高値圏で安定推移している。   WTI 日足チャート   カナダ中央銀行は利上げ局面にあります。 雇用は利上げに大きな影響を与えるため注目度も高いので、結果次第では大きく動く可能性の高い指標です。     英GDPは、今回から発表内容が変更します。 今までは四半期ごとに統計を取り、速報値改定値確報値として発表されていました。 今回から四半期ごとのGDPとは別に、毎月発表のGDPが追加されます。 毎月発表のGDPの内容は、英国産業の7~8割を占めるサービス業を中心に発表されます。 今回からの発表であるため、織り込み(予想中央値)が難しく、コンセンサスとの乖離が出やすいと思われます。 大きな乖離が出れば、指標発表時の値動きも大きくなるので要注意です。     経済指標以外では、日米通商協議米中貿易戦争トルコ経済制裁が注目されています。 9/6 日米通商協議(ワシントン)で、どこまで日本が踏ん張れるかが注目! トランプ大統領は政治家というよりは商売人です。 無理難題を突き付けて、譲歩の代わりに自国に有利な条件で契約する。 なので、TPPのような多国間通商協議よりも、交渉しやすい2か国間の通商協議を好みます。   中国は、米国からの無理難題に対し真っ向勝負! 先日、米国からの輸入品に対し600億ドル相当の報復関税を計画との報道。 中国財政省ウェブサイトでは、5207品目に対し5%~25%の関税。 このまま、米中貿易・関税戦争が悪化していくと、輸入総額の少ない中国が不利です。 なので、中国は元安で対抗するのではないかと思います。 明日以降のUSD/CNH(米ドル/中国元)の水準と関税関連の各国要人発言は要注目です。   トルコは、ブランソン牧師の釈放を巡って米国との関係が悪化しています。 トルコに対して経済制裁も出てきています。 また、エルドアン大統領は、財務相に娘婿を指名したり、中央銀行を大統領の管轄にと発言したり、金融政策を大統領がコントロール(圧力)するのではないかと懸念されています。 それがトルコ中銀は前回の金融政策発表で据え置きを発表! とうとう中央銀行が大統領の圧力に負けたのではないかと解釈。 トルコリラは売り続けられ、米ドルに対して5.000を超えてしまいました。 トルコが牧師を開放するのか? それとも、トランプ大統領の中間選挙に向けてアピールの一環で、このままフェードアウトもしくは関係改善に向かうのか? 注目です。   USD/TRY 日足チャート   その他注意点として、欧米では夏季長期休暇に入っています。 欧米勢の休暇で薄商いとなっています。 ちょっとした玉でも、大きな値動きになることがあるので注意が必要です。 今週末は、日本でもお盆前の実需の動きも気になります。 仲値やオープン・クローズ付近など、節目の時間には気を付けたいと思います。   今週もよろしくお願いします。   ブログランキングやってます。 協力お願いします。 人気ブログランキング

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら