いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

2018年8月27日週の経済指標のスケジュールと注目点!

  ◎今週の経済指標スケジュール     8/26(日曜日) ジャクソンホール・シンポジウム(カンザスシティ連銀主催) 01:25 CAD ポロズBOC総裁発言 8/27(月曜日) ロンドン市場休場 22:00 MXN メキシコ貿易収支 8/28(火曜日) 02:00 USD 2年債入札 15:45 EUR フランス消費者信頼感指数 16:30 SEK スウェーデン小売売上高 20:00 EUR プラートECB専務理事発言 21:30 USD 貿易収支 23:00 USD 消費者信頼感 8/29(水曜日) 02:00 USD 5年債入札 15:00 EUR ドイツ消費者信頼感指数 15:45 EUR フランスGDP 16:00 TRY トルコ貿易収支 21:30 USD 米GDP 21:30 CAD カナダ経常収支 23:30 USD 原油在庫量 8/30(木曜日) トルコ休日(戦勝記念日) 02:00 USD 7年債入札 07:45 NZD 建設許可件数 10:30 AUD 建設許可件数 15:00 NOK ノルウェー小売売上高 16:00 EUR スペインCPI(消費者物価指数) 16:55 EUR ドイツ失業率 18:00 EUR 消費者信頼感 21:00 EUR ドイツCPI(消費者物価指数) 21:30 USD PCEデフレーター 21:30 CAD カナダGDP 8/31(金曜日) 08:01 GBP 消費者信頼感指数 10:00 CNY 中国 製造業PMI 15:45 EUR フランスCPI(消費者物価指数) 16:00 CZK チェコGDP 17:00 NOK ノルウェー失業率 18:00 EUR イタリアCPI(消費者物価指数) 18:00 EUR 欧州CPI(消費者物価指数) 18:00 EUR 欧州 失業率 19:00 EUR イタリアGDP 23:00 USD ミシガン大消費者信頼感 9/1(土曜日) 02:00 EUR デギンドスECB副総裁発言 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント 07:30 AUD オーストラリア製造業PMI     ◎今週の注目点   1)ジャクソンホール・シンポジウム 23日~25日にかけてカンザスシティ連銀主催の、ジャクソンホール・シンポジウムが開催されました。 最大の注目点は24日のパウエルFRB議長の発言でした。 発言の受け止め方は、各アナリストで違うようです。 個人的には、ハト派よりに感じました。 ただ、シンポジウムは25日まで開催されています。 ポロズBOC総裁の発言や、その他要人発言が週末にも出てきます。 週明けのマーケットは、週末開催のジャクソンホール・シンポジウムを織り込む展開で始まると思われます。 月曜日の各市場オープン時には要注意です。   2)NAFTA再交渉 米国側とメキシコ・カナダ側で温度差はありますが、再交渉の終わりがみえてきているようです。 内容にもよりますが、交渉終了はポジティブ要因となるのではないかと思います。   3)米中貿易戦争 先週23日に対米・対中で双方160億ドル相当の追加関税を発動しています。 次官クラスですが、通商協議も再開しています。 ただ、米中関係の改善は見えません。 今週も米中関係・貿易関連のヘッドラインに注目が集まります。 (28日には米国 貿易収支が発表されます)   4)トルコ市場休場(犠牲祭)明け 先々週にトルコリラの大暴落(トルコショック)が起きたトルコ市場。 先週は1週間トルコは犠牲祭で休場 トルコと米国の関係は改善していません。 また、トルコの問題は欧州にも影響します。 今週もトルコ vs 米国の動向に注目したいと思います。 ※トルコショック関連ページ トルコリラ暴落! 2018年8月10日トルコショック⁉まとめ 続・トルコショックまとめ。トルコだけの問題では済まないトルコ問題!!     5)新興国 長期金利 アルゼンチン、トルコ、南アフリカ、ブラジルと新興国通貨の下落が続いています。 長期金利利回りも大幅に上昇しています。 今週も新興国通貨は急落の可能性があるので要注意。 新興国通貨の下落はリスクオフ要因となり、クロス円・クロスフランなどに影響が出る可能性があります。 新興国の通貨と長期金利利回りに注意したいと思います。   6)オーストラリア新政権 オーストラリアは21日に与党・党首選を実施。 ターンブル首相が辛くも再選しました。 ただ、再選後に閣僚が相次いで辞任するなど、ターンブル政権は混乱する展開に。 AUDは大きく下落しました。 24日に2回目の党首選を実施、ターンブル首相は辞任しました。 新首相は元財務相のモリソン氏が就任しました。 新首相の決定でAUDは買い戻されましたが、モリソン新政権樹立など今週も目が離せない状況です。   7)欧州難民・財政問題 欧州は継続的に難民問題を抱えています。 難民の玄関口となっているギリシャトルコイタリアは、難民受け入れは大きな問題となっています。 難民を受け入れることは、財政に悪影響です。 もともと財政状況の良くない国ばかり、財政問題が気になります。   8)Brexit交渉の進展と白紙離脱 来年の3月に欧州からの離脱が決まっている英国ですが、いまだ離脱交渉がまとまっていません。 欧州、英国ともに白紙離脱(何も決まらない離脱)の懸念が高まってきています。 今週もBrexit交渉の進展についてのヘッドラインが出てくると思います。 また、仮に白紙離脱になった場合の影響なども報告され始めています。 Brexit関連のヘッドラインに要注目です。   9)米朝問題の再燃 一時、落ち着いていた米朝問題ですが、再燃の懸念が出てきました。 トランプ大統領はTwitterで、北朝鮮の非核化が遅れていることを理由にポンペオ国務長官の訪朝計画の中止を投稿。 米朝の発言や行動がリスクオフを引き起こす可能性があります。 北朝鮮側からの反応、米国側の反応に注目したいと思います。     今週も経済より地政学リスクに注目が集まりそうです。 それぞれの注目点については、個別にまとめていきたいと思います。 今週もよろしくお願いします。    

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら