いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

ECB理事会・臨時EUサミット、今週はEUが熱い! ~4月8日週の注目点とイベントスケジュール~

 

先週は、Brexitや雇用当家を控えて、動きにくいところもありました。 雇用統計は予想通りの結果が発表されたことで、ほとんど動かず。 マーケットはBrexitの離脱案が決まらないと、動きづらいようです。 ただ、そんな中で、各国株価は堅調です。

 

ポンドは、合意なき離脱不安や見通し不安からポンド売りが進みました。 英国離脱案協議に進展がなければ、今週で離脱が決まります。

 

 

◎今週の注目点動画

 

 

◎今週の注目点

 

 

1)英国・Brexit関連

 

今週はBrexit、英国から目が離せません!

 

今だ、見通しの立たない英国議会・Brexit問題! 現在の状況を少しまとめてみました。

 

・トゥスクEU大統領 : 1年間の離脱期限の延長を提案(離脱交渉がまとまり次第離脱)

・フランス : 英国の6月30日まで離脱期限の延長申し入れ、意味が分からない。 正当な理由のない離脱期限の延期は受け入れられない。

・英国議会 : 合意なき離脱は回避案を可決、その他離脱代替案を審議・採決

・メイ首相 : 野党労働党との共同離脱案に向けて協議中

 

う~~ん、カオスな状況となっています。 上記4点はメインの流れで、その他にも合意なき離脱や2回目の国民投票など、色々な思惑を持った人たちも多くいます。

 

とりあえず、注目点は12日に合意なき離脱となるか!?

 

12日の合意なき離脱となるかは、10日の臨時EUサミットにかかってます。

 

10日の臨時EUサミットに持っていく話は、8日・9日で具体化してくると思います。

 

結果、今週は英国から目が離せません!!

 

 

 

2)ECB理事会

 

今回は、据え置き、変更なしがコンセンサスです。 注目は、現在・今後の欧州経済について、どのような審議が行われたかです。 また、その後の記者会見でも、欧州経済や、今後の金融政策について注目されると思います。

 

最近の経済データの弱さは、一時的なものなのか!? それとも景気後退の懸念があるのか!? 注目されています。

 

 

 

3)その他リスク

 

米中通商協議は進展しているようですが、トランプ大統領はいきなりひっくり返すこともあります。米中関係に超注意です。

 

また、北朝鮮はミサイル発射の予兆があるとの報道、トルコ政権とトルコリラ、メキシコ移民と国境の壁など火種はたくさんあります。 ヘッドラインに注意したいと思います。

 

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

4月7日(日曜日)

 

日本・統一地方選挙

オーストラリア・ニュージーランド サマータイム終了

 

 

4月8日(月曜日)

 

15:00 EUR ドイツ貿易収支

21:30 CAD 住宅建設許可件数

 

 

4月9日(火曜日)

 

IMF(国際通貨基金)世界経済見通し発表

 

00:45 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

10:30 AUD 住宅ローン

17:00 EUR イタリア小売売上高

22:00 MXN CPI(消費者物価指数)

23:00 USD JOLT求職

 

 

4月10日(水曜日)

 

臨時EUサミット開催

 

07:45 USD クラリダFRB副議長発言

09:30 AUD Westpac消費者信頼感指数

11:30 AUD デベルRBA総裁補佐発言

15:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数)

15:15 JPY 黒田日銀総裁発言

17:30 GBP 英GDP

20:45 EUR ECB理事会・政策金利・声明文発表

21:30 EUR ドラギECB総裁記者会見

21:30 USD 米CPI(消費者物価指数)

23:30 USD 原油在庫量

 

 

4月11日(木曜日)

 

G20財務相中央銀行総裁会議(ワシントン)

 

00:00 USD クリーブランド消費者物価指数

02:00 USD 10年債入札

03:00 USD FOMC議事録・月次予算諸表

10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)

11:30 AUD デベルRBA総裁補佐発言

15:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

16:30 SEK スウェーデンCPI(消費者物価指数)

17:00 USD IEA月次報告

21:30 CAD 新築住宅指数

22:30 USD クラリダFRB副議長発言

22:40 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言

 

 

4月12日(金曜日)

 

英国・EU離脱期限日

G20財務相中央銀行総裁会議(ワシントン)

IMF世界銀行春季会合(ワシントン)

 

00:00 MXN 金融政策決定会合議事録

02:00 USD 30年債入札

07:30 NZD NZ PMI

12:00 CNY 中国貿易収支

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

4月13日(土曜日)

 

IMF世界銀行春季会合(ワシントン)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント数

 

 

4月14日(日曜日)

 

IMF世界銀行春季会合(ワシントン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら