いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

9月25日週の要人発言まとめ

 
02
ECB関係者発言 EUR/USD 1時間足チャート
2017年9月25日22:00 ドラギECB総裁~ 「欧州の景気回復、金融緩和の波及が支えている」 「極めて大規模な金融緩和が必要」 「緩和策の再調整が金融緩和を維持する」 「為替レートの変動は不透明性の源」 「QE決定の大部分は10月に下す予定」 2017年9月28日17:00 リイカネンECB理事~ 「極めて大規模な金融緩和が必要」 「フォワードガイダンスは今や恒久的な政策手段」 2017年9月28日17:30 プラート・ECB理事~ 「ECBの目標達成に自信あるがまだ仕事は完了せず」 「物価上昇の力強さに依然確信持てない」 2017年9月29日05:50 プラートECB理事~ 「景気回復はまだインフレ上昇につながっていない」 「物価面でのECBの責務はまだ果たされていない」 「銀行同盟がなお優先事項」  
ECB関係者の発言は、終始ユーロ高に気を使いながらの発言のように見える。 10月のECB理事会でQEについての発言が注目される。  
02先週トラアンプ発言チャート
トランプ大統領発言 USD/JPY 1時間足チャート
 
2017年9月25日21:00 トランプ米大統領~ 「今日重要な会合ある、大型減税と改革だ」 2017年9月27日03:30 トランプ米大統領~ 「全関係国は北朝鮮の非核化に向けて行動すべきだ」 「北朝鮮への軍事的な選択肢、完全に用意ができている」 「北朝鮮への軍事力行使を望まないが、必要なら用意はある」  
2017年9月28日02:00 トランプ大統領~ 「医療保険に関して恐らく来週、大統領令発令へ」
ヘルスケア法案、1月か2月までの成立が必要 2017年9月30日04:00 トランプ米大統領~ 「FRB議長人事、2-3週間以内に決定へ
   
米大統領はイエレン、コーン、ウォーシュ、パウエル各氏と面接した。 税制改革関連発言よりも、次期FRB議長候補に注目が集まり始めているように感じる。  
02先週FOMCメンバー発言
FOMCメンバー発言 USD/JPY 1時間足チャート
2017年9月25日22:15 ダトリー・NY連銀総裁~(投票権あり・ハト派) 「一時的、特殊な物価要因は薄れる見通し」 「インフレ率は上昇し、目標の2%近辺で安定へ」 「FOMC、政策緩和の段階的解除を継続へ」 「次回景気後退期までにFF金利は今よりも高水準に」 「FOMCは次回景気後退に対応する余力を有する」  
2017年9月26日01:40 エバンス・シカゴ連銀総裁~(投票権あり・ハト派) 「追加利上げにはインフレ上昇の明確な兆候が必要」 「インフレが大幅に高進するリスクは見当たらない」 「インフレ期待が低過ぎることを懸念」
 
2017年9月26日07:50 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁~(投票権あり・ハト派) 「景気過熱の兆候見られず」 「インフレは上昇に向かっておらずブレーキは不要」 「金融当局は2%のインフレ目標未達の状態」 「低インフレの理由は不明」 「米当局は利上げするよう圧力下にはない」 「インフレを目標に向け回帰させる時間的余裕ある」  
2017年9月27日01:30
 
ボスティック・アトランタ連銀総裁~(投票権なし・ややタカ派?) 「12月の段階で金利を変更しようとする考えについて、現時点で極めて満足している」 「成長の力強い兆しとインフレ加速が引き続き示されれば、利上げを支持する」 「インフレ高進の幾つかの前向きな兆候が見え始めている」
 
2017年9月27日01:30 イエレンFRB議長~ 「FOMCはゆっくりし過ぎないよう注意すべきだ」 「緩和政策の長期化は金融の安定を損ないかねない」 「インフレ2%達成まで政策据え置くのは賢明ではない」 「時間をかけた小幅利上げなければ、景気過熱のリスク」 「FOMCは、インフレが2%前後で安定するとなお予想」 「インフレ、向こう数カ月で幾分か上昇する見通し」 「インフレ、オーバーシュートのリスクもある」 「ゆっくりし過ぎないよう注意」 「労働市場が予想より力強いかどうかも注視へ」 「利上げの軌道が予測可能であるかどうか確信はない」 「中立金利になるまで過剰な引き締めは必要としない」 2017年9月28日02:30 ブラード・セントルイス連銀総裁~(投票権なし・ハト派) 「現行の政策金利、短期的には適切な可能性高い」 「今年のインフレは下向きのサプライズだった」 「米経済は、2%成長の軌道維持する可能性高い」 「第4四半期の経済、ハリケーン被害から幾分か回復へ」 「自身はFOMCメンバーの中で最もハト派」 「株式バリュエーション、伸び切っている可能性も」 2017年9月28日08:00 ローゼングレン・ボストン連銀総裁~(投票権なし・中立) 「規則性のある緩やかな緩和解除を支持」 「労働市場の一段の逼迫が賃金と物価を押し上げへ」 「低インフレは一時的であるようだ」  
2017年9月28日23:00 ジョージ・カンザスシティー連銀総裁~(投票権なし・タカ派) 「段階的な利上げの継続が適切」 「金融政策はどちらかと言えば緩和的姿勢」 2017年9月30日00:20 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁~(投票権あり・タカ派) 「GDPはトレンドを若干上回って推移」 「FF金利、一時停止は適切」 「12月と来年3回の利上げを予想」 「待つことは可能だ(12月について)」 「インフレ目標の引き上げに反対しない」 ボスティック・アトランタ連銀総裁は就任したばかりなので、投票権はないが発言に注目していました。 発言内容はややタカ派のように感じた。 イエレン議長の発言を受けて、12月の利上げ確率は80%前後まで上昇してきました。  
02先週ボロスBOC総裁
ボロスBOC総裁発言 USD/CAD 1時間足チャート
 
2017年9月28日00:45
 
ポロズ・カナダ中銀総裁~ 「金利にあらかじめ決まった道筋はない」 「カナダ中銀は金利を機械的に操作しない、慎重に実行へ 利上げ慎重発言(ハト派発言)を受けて、カナダ売り。  
02英中銀発言
カーニーBOE総裁発言 GBP/USD 1時間足チャート
 2017年9月28日17:30 カーニー・英中銀総裁~ 「EU離脱の進展が英国の見通しに最も重要」 2017年9月29日16:30 カーニー・英中銀総裁~ 「消費者クレジットとEU離脱にリスクがあるとみている」 「国内経済、『比較的近い時期』の利上げに向かっている」 若干タカ派に感じるが、市場は特段反応しなかった。
 

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら