いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

カナダ重要指標、CPI(消費者物価指数)発表! ~1月18日カナダドル買い戦略~

 

カナダドルは、米ドルと並び利上げ期待の持てる通貨です。 カナダ中銀が利上げに動くかどうか、重要になってくる指標がCPI(消費者物価指数)です。 

 

◎戦略

 

 

・カナダドル買い

 CAD/JPY 買い戦略

 

 

CAD/JPY 日足チャート

 

 

 CAD/JPY 時間足チャート

 

 

CAD/JPY 81.80円で買いポジションを持っています。

 

 

今日はカナダCPI(消費者物価指数)の発表です。 結果次第で追加ポジションを考えています。

 

予想は、前月比:-0.4% 前年比:+1.7% となっています。 注目は、前年比で1.7%以上の数字が出てくるかに注目しています。

 

前年比で、2.0%を超えてくるようであれば、即カナダドル買い。

 

前年比で、1.5%~2.0%の間であれば、時間足チャートの平行チャネル下限まで下がってきたところで、カナダドルを買いたいと思います。

 

 

◎見通し

 

 

本日はカナダCPI(消費者物価指数)が発表予定です。 CPIは、カナダ中銀が重要視する指標の1つです。 カナダ中銀の目標(責務)は、物価を安定させることです。 物価が2%に近づいてくると利上げが近くなってきます。 過去のCPI前年比の結果を下に貼っておきます。

 

 

 

 

 

◎WTI原油価格

 

 

カナダの主要産業は原油です。 物価だけではなく、主要産業である原油が安定していることが重要です。 WTI原油価格で50ドル~60ドルぐらいが、心地よいレベルではないかと思います。 そういう意味では、先月までは原油価格が安すぎました。 現在、53ドルくらいです。 このまま安定してくれると、カナダ中銀としては利上げに向かいやすいと思います。

 

 

WTI原油価格 月足チャート

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら