いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

ドットチャートと中立金利とは!?

 

本日2018年12月20日4:00にFOMC政策金利・声明文発表。 4:30からパウエルFRB議長の記者会見が予定されています。 今回のFOMCでは利上げが織り込まれています。 そのうえで、注目点は以下の2点だと思います。

1)ドットチャート

2)中立金利について

それぞれについてまとめてみました。

 

 

1)ドットチャート

 

ドットチャートとは、以下のように説明があります。

『米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーが予想する、米国の政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの水準を、それぞれひとつの点(ドット)として散布図化した「政策金利の見通し」のこと。毎年3、6、9、12月に米連邦準備理事会(FRB)が公表する。』野村証券参照

 

まず、FOMCメンバーとは、米国の中央銀行に相当するFRB(連邦準備理事会)の議長・副議長・理事の人たちと、12の地区連銀総裁たちで構成されています。 そのメンバーたちが金融政策を話し合うFOMCで、将来3年間の金利予想を点(ドット)で表します。 その点(ドット)をチャート上に表したものを「ドットチャート」と言います。

ドットチャートでは、メンバーそれぞれが金利予想をするので、ばらつく時もあれば、偏ることもあります。 その中央値が、その年のFF(フェデラルファンド)金利、米国の政策金利の予想となります。

 

 

上記は2018年9月のFOMCで発表されたドットチャートです。 ざっくりと中央値を赤丸で表してみました。 9月の政策金利は2.25%です。 上記チャートでは、2018年のドットが2.25%から2.5%にかけて集中しています。 ということは、2018年が終わった段階で、政策金利が2.25%~2.5%になることを予想しています。 2019年が終わった段階で3.0%~3.25%を予想しています。

9月終了時点で2.25%なので、12月に利上げすれば2.5%になります。 2019年に2~3回利上げすれば、3.0%~3.25%になります。

このようにドットチャートを見ると、今後の利上げ回数予想が分かります。 3・6・9・12月のFOMCで公表されます。

 

 

地区連銀とは、FRB(連邦準備理事会)の下に位置する12の地区連邦準備銀行のことを指します。

ここで注意すべきは、どちらも「FRB」ということ。 ただ通称は違うので、間違えないように気を付けたいところです。

連邦準備理事会(連邦準備制度) → FRB → 通称:FRB
連邦準備銀行 → FRB → 通称:地区連銀

 


FRBホームページ参照

 

 

 

 

2)中立金利について

 

先日のパウエルFRB議長の発言で「中立金利」に注目が集まっています。 中立金利とは、景気を刺激も抑制もしない金利水準。 利上げや利下げをしなくてもよい、ちょうどいい金利水準のことです。

パウエル議長は10月時点で「中立金利には程遠い」と言っていたのですが、11月末の発言では「中立金利を若干下回る」に変わっていました。 10月時点ではちょうどいい金利水準には程遠い、まだ利上げが必要だと言っていたのに、11月末にはあとちょっとでちょうどいい金利水準、そろそろ利上げは終了という発言に変わったということ。

この発言で、一気に利上げ終了が懸念されるようになりました。

今回の記者会見で、中立金利はどのくらいなのか!? に注目が集まっています。 例えば、中立金利が3%前後ということであれば、12月に利上げがあれば2.5%なので、あと0.5%利上げすれば中立金利。 あと0.25%×2回の利上げで中立金利となります。 ということは、2019年に2回利上げを実施すると、利上げは終了ということになります。 利上げ終了が見えてくるということは、ドル買いの終了にもつながっていきます。 ドットチャートと合わせて注目していきたいと思います。

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

One Reply to “ドットチャートと中立金利とは!?”

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら