いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

バランスシートの縮小について

FRBはリーマンショック以降、量的緩和で増え続けた保有資産(債務)を縮小していくことを決めました。

 

9月FOMCを終えて


量的緩和とは、保有資産の縮小(バランスシートの縮小)とは、何なのかをまとめてみました。

 

◎量的緩和 

 

景気回復のために行うことが多い

 

市場にあるお金の量を増やすことで、多くの人の手にお金がいきわたるようにすること。

 ↓

多くの人がお金を手にすればお金を使ってくれて、経済が回り始めると考える。

 ↓

経済が回り始めれば、景気も回復してくれると考える。

 ↓

そのために量的緩和を行う。

 

 

 

量的緩和の仕組みを、ざっくりと図解にしてみました。

 

 

 

 

23量的緩和図解
 
 

 


中央銀行が債権を引き受ける代わりに、現金を市場に流す

 ↓

市場にある現金の総量が増えるが、中央銀行が抱える債務も増えていく

 ↓

FRBが抱える債務はリーマンショック前(2008年)9000億ドルだったのが、現在の総額は4兆5180億ドル、日本円にして約500兆円になっています。

 

これを正常化少しづつ減らしていこうというのが保有資産の縮小(バランスシートの縮小)です

 

 

◎保有資産の縮小(バランスシートの縮小)

 

保有資産の縮小とは、景気が良くなってきたので、景気回復のために増やしたお金の量を減らす(回収する)こと

 

債権は期限があるため、期限が来れば償還しなければいけません。 政府は償還のために新たな債権を発行します。

 

新しい債権をFRBが買い入れることで量的緩和を続けてきました。 これを、新しく買い入れる債権額を減らしていくと必然的に保有資産は減っていきます。

 

どのくらいのペースで減らしていくのか、下の表にしてみました。

 

 

23FRBバランスシート縮小予定グラフ

 

・2017年10月~12月:毎月100億ドル
・2018年01月~09月:3か月毎100億ドル
・2018年10月~  :毎月500億ドル

予定です。

 

 

予定通りにいけば、2020年末には14,000憶ドルは減っているはずです。

ざっくりと簡単にまとめましたが、これから予定通りに縮小が続けられるか注目されると思います。

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

3 Replies to “バランスシートの縮小について”

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら