いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

エミン・ユルマズさんの講演を聞きました!

皆さんこんにちは。いにしえアシスタントの上田です。

先週、岡安商事株式会社主催の経済講演会に行ってきました。

3人の講師から大変興味深い話を聞くことができましたので、ご紹介します。

 

経済講演会2019 by 岡安商事株式会社

 

岡安商事さんご存知ですか?実は私、 FX のことが分からない

2012年、初めてセミナーを受けたのが岡安商事さんでした。

クリック365や商品先物に力を入れてらっしゃる会社です 。

 

ちょいワル先生登場

 

この日は3人の講師の方のお話を聞きました。

一人目は岡安商事専属トレーダー、ちょいワル先生でした。

 

 

私が初めてセミナーを受けた時にもテクニカルの手法を教わった方です。

一目均衡表を使って出来高を重視したトレードされています。

 

 

最近は海外投資専門チャンネル「ワールドインベスターズ TV 」に毎週月曜日の19時から出演されているそうです。相場予測の的中率が凄いらしく人気の番組だそうです。興味のある方は一度ご覧になってください。

 

伝説の着物トレーダー

 

二人目は私も一度お会いしたいと思っていたあの着物トレーダー、池辺雪子さんが登場しました。2007年脱税で起訴されて5億の罰金を即金で払った伝説の女性です 。FX がブームになりつつあった頃ですね。

 

 

実は池辺さんの手法に大変興味があってこの講演会に出席したのですが、残念ながらここではあまり詳しいお話を聞くことはできませんでした。池辺さんの手法は「逆転波動理論」と名付けられていて、大局を見極めた上でのロスカットを入れない逆張りと聞いていました。

 

 

私は順張り派でそのまま手法を真似るつもりはありませんが、ロスカットなしの逆張りが入れられるということは、しっかりとした相場観がないとできないと思い、そこが聞きたいところでした。

 

トルコ人 エコノミスト、エミン・ユルマズさん

 

最後は、去年のトルコショック の後、露出が増えたトルコ人 エコノミスト、エミン・ユルマズさんでした。 トルコのことに詳しい方程度にしか知りませんでしたので、お話を聞くまでは特に興味を持っていたわけではありませんでした。

 

 

ところが、今回の講演の中で最も興味深いお話でした。論理的だけども難解でなく、グローバルな視点でファンダメンタル事情に長けた方で、明快な口調に好感が持てました。

 

 

始めはわかりやすいお金の歴史のお話とか、徳川幕府が衰退した経済的理由とか、面白い話から聞かせていただきました 。江戸時代が終わった理由のひとつが急激なインフレだったと聞かされて非常に興味が湧きました。ちなみに江戸の初期は一両が20万円以上の価値があったのが幕末には一両の価値が約8万円ぐらいまで下がっていたようでその間、小判のサイズと純度も変遷していきました。

 

「新興国通貨の現状と原油価格とエマージェンシー通貨(新興国通貨)について」

 

 

その後本題に入りました。

エミンさんのお話では、新興国にとって原油価格というのは非常に重要であること、原油の価格は政治がらみで動くことが多いということでした。 原油価格と新興国通貨のレートを同時にグラフに重ねると、メキシコ以外の新興国通貨は原油価格と逆相関の関係にあリました 。

 

 

高成長を続けている国々はエネルギー需要が高いので、自国で原油生産されない場合、原油価格の上昇に敏感にならざる得ないということです。(メキシコは有数な原油産出国)

ちなみにトルコの経常赤字の中身のほとんどは原油だそうです。トルコリラは原油価格に敏感に反応しています 。

 

 

トルコは2018年の第4四半期は-3%の成長となりトルコのリセッション入りはほぼ確実となっています。今回の地方選挙の結果、明らかに野党が 健闘していて、景気後退もあり政権交代の兆しも出てきたということです。特に選挙では大都市での敗北が目立っています 。イスタンブールでの選挙やり直しが行われればリラが大きく売られる原因になるだろうということです 。

 

 

次は世界経済の話です。エミンさんは 全体的には経済が減速サインを出し始めている。

特に PMIの減少が目立つと言われました。

 

アメリカにリセッションが起こるのか?

 

 

面白いグラフを紹介してくださいました。大統領の任期サイクルに合わせた S & P 500のパフォーマンスを見ると(1945~2015)、必ず任期3年目において上昇率が高いというデータがあります。今回トランプさんは任期3年目ということで株価は上昇するのではと言う意見です。

 

 

また「連邦輸送指数」というのがあり、要するに貨物輸送が多いと景気が良いという見方ができるということです。これを見ると昨年12月に少し下落しましたが、1月に再び上昇に転じています 。その他にも多くのデータを見せていただいた上で、エミンさんの考えでは今年中のリセッションは考えにくいという意見でした。

 

 

またトランプさんは再選の意欲満々なので、次の大統領選までは景気をなんとか保たせるようと努力すると思うとのこと。

 

 

エミンさん曰く、次の金融危機は金融機関発端ではないと思う。自分が考える可能性としては、中国の不動産バブル崩壊ではないかとのことでした。

 

2019年注目通貨

 

さてさて、1時間半にわたるお話でしたが、最後にエミンユルマズさんが2019年におすすめする通貨をご紹介します。

 

 

興味がある方はエミンユルマズさんが塾頭を務められている「複眼経済塾」のサイトを覗いてみられるといいかもしれません。

 

 

また昨年出版された「それでも強い日本経済」という本がありますので、詳しくはこちらをご覧いただくと良いかと思い ます。

 

 

初めてお話を聞いたわけですが、日本に対してもポジティブな考えを持っていらっしゃるので、お先真っ暗な日本経済のイメージが払拭されていいなと思います。

 

 

エミンさんは、世界的にポーカープレーヤーとしても有名だそうです。凄腕プレーヤー

なんでしょうね。

 

 

いかがですか?かなり感動的な講演でしたので力を入れて解説したつもりです。是非エミンユルマズさんの経済情報(ZAI FXにも定期投稿有)を 読んでみてください。


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら