いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

トルコCPI発表、波乱はあるか!? ~2018年9月3日の注目点と見通し~

◎今日の注目イベント   9/3(月曜日) カナダ・米国休場(レーバーデー) 07:30 AUD 豪州 製造業PMI 10:30 AUD 小売売上高 10:45 CNY 財新製造業PMI 15:30 SEK スウェーデン製造業PMI 16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数) 16:45 EUR イタリア製造業PMI 16:50 EUR フランス製造業PMI 16:55 EUR ドイツ製造業PMI 17:00 EUR 欧州 製造業PMI 17:30 GBP 英国 製造業PMI 9/4(火曜日) 03:30 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言 13:30 AUD 政策金利・声明文発表     ◎本日の注目点と見通し   1)オーストラリア指標とAUDの動向 今週は豪ドル週間の予想! 豪ドルは下落が続いています。 そんな中、今週は豪ドルに大きく影響する指標が多く発表されます。 今日は豪州 小売売上高と中国 財新製造業PMIです。 また、明日には政策金利と声明文の発表が控えています。 明日の政策金利は据え置きがコンセンサス! 注目は声明文です。 先日RBAは、債務(住宅ローン)が将来の懸念材料となる可能性に言及していました。 声明文の内容がネガティブなのか!? ポジティブなのか!? 注目しています。 今週の豪ドルについては、以下も参照ください。 豪ドル下落が続く背景を解説! 政権問題と住宅ローン   2)トルコCPI(消費者物価指数)の発表 最近の市場の注目は新興国通貨、特にトルコに集まっているのではないかと思います。 先日トルコ中銀の副総裁が辞任、その他にもいくつか政策をとりましたが、ほぼ効果はありませんでした。 トルコリラはトルコショックの時に付けた最安値に近づいています。 本当のトルコショックはこれからなのかもしれません。 トルコリラの下落で1番気になるのが、物価の上昇です。 どこまで物価が上昇しているのか、CPI(消費者物価指数)に注目が集まっています。    USD/TRY 時間足チャート     3)欧州各国の製造業PMI発表 先週、上昇基調だったユーロ。 週末に少し下げましたが、上昇トレンドの押し目になるか、下落トレンドに変わってくるのか注目されています。 今日は、景気の先行指数となるPMIが発表されます。 また、イタリアやスペイン、ギリシャ、トルコとネガティブ要因を抱えている国が多く、要人発言が注目されています。 特にトルコとイタリアに注目しています。 トルコ、イタリアに関しては以前の記事を参照ください。 ユーロは下落!? 上昇!? ~分岐点ユーロの悪材料~   4)NAFTA交渉 先週はNAFTA再交渉について、要人発言が大きな材料となりました。 今週も注目とは思いますが、注目点が若干変わってきています。 NAFTA再交渉は米国とメキシコでは暫定合意ということで、市場は好感しました。 続いてカナダも再交渉に入り合意間近と思われ好感していました。 ただ、先週末までに合意をしたかったのですが、米国とカナダとの間では合意ならず。 険悪なムードも出てきました。 再度5日から再交渉に入るといわれていますが、ネガティブ要因として警戒され始めています。 米国とカナダ間のNAFTA再交渉関連の要人発言には要注意です。 カナダドル上昇! カナダ円は三角持ち合い上抜けか!? NAFTA再交渉大詰め!カナダドルの上昇と今後の見通し   5)Brexit交渉 Brexit交渉は10月が期限とされていましたが11月に臨時EUサミットを開催して、11月を最終期限としているようです。 11月に合意、ガイダンス発表というようなポジション要因発言を受けてポンドは急騰しましたが、内容についてはまだ未定。 白紙離脱(合意なき離脱)も合意内容に含まれる可能性を示唆した発言も出ています。 今後の交渉進捗状況には要注意です。 また、Brexitに向けて、英国内の政治も注目されています。 2度目の国民投票や、党大会、議会承認、首相交代、政権交代、アイルランド国境問題、スコットランド独立問題、、、etc、、、と英国は内政問題も多く抱えています。 要人発言には要注意です。 ポンド急騰!! バルニエBrexit交渉官の発言とポンド上昇の背景解説   6)レーバーデーで米国・カナダ休場 本日は米国・カナダが休場(レーバーデー)です。 N.Y.時間は閑散とする可能性があります。 また、閑散としているところで上記のような注目材料が出ると、値が飛んだり大きく動く可能性があります。 注意したいと思います。       ◎保有中のポジションと戦略   CAD/JPYのLongは利確しました。 先週、NAFTA再交渉は米国とカナダ間合意ならずとの報道を受け、すぐに利確しました。 一部は前もって利確していましたが、コアポジションは微益で利確できました。 本日はレーバーデーと月初め、週初めなので積極的にポジションは考えていません。 ユーロは下落目線なので、下落が始まるとShortポジションを考えています。 明日のRBA政策金利と声明文を待って、豪ドルのポジションを考えています。 利上げについて声明があればLongポジションも考えますが、基本はShortポジションを考えています。 特に声明文がネガティブであれば豪ドルShort、通貨ペアは米ドルを考えています     ◎記録室   各国長期金利(10年債利回り)、株価、先週末の要人発言は以下にまとめています。 長期金利と要人発言 記録室~2018年8月31日金曜日~  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら