いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

合意なき離脱阻止なるか!? ~9月4日の注目点とイベントスケジュール~

 

米中貿易戦争に加え、英国議会も慌ただしくなってきました。 英国議会がスタートする前から、不透明感からポンドが急落。 与党保守党から離脱議員が出てきたり、除名処分者が出てきたりと、ボリス・ジョンソン政権も不透明感が増してきています。

 

また、昨日はRBA(豪中銀)の政策金利も発表されました。 予想通り据え置き、声明文も特に変更は出ていません。 追加利下げなどが示唆されなかったことで、豪ドル買いに反応しています。

 

リスク要因の注目度が高く隠れていますが、月初めの週で重要指標も多く予定されています。 昨日のドル円もISM製造業景況指数の結果が弱かったことで急落しています。

 

本日もイベント予定が多数予定されています。

 

◎本日の注目点

 

1)英国議会

 

今朝、英国議会では「合意なき離脱を阻止する法案を審議」するための議題が採決・可決されました。 今朝の採決で賛成票を投じた保守党議員21名は、造反議員として除名処分になっています。

 

今日の英国議会で「合意なき離脱を阻止する法案」について審議されると思われます。 審議・採決の結果、合意なき離脱を阻止する法案が可決された場合、解散総選挙を実施するとジョンソン首相は言っています。 合意なき離脱阻止になればポンド買い、解散総選挙になれば混乱から一時ポンド売りになるかもしれませんが、保守党離脱強硬派の政権から野党の残留派や離脱穏健派に政権が移ればポンド買いになるのではないかと思います。

 

あとは、解散総選挙になった場合、日程がいつなのか!? 休会は続けるのか!? なども注目です。

 

 

 

2)米中貿易戦争

 

昨日の米ISM製造業景況指数が2016年7月以来の弱さ、好・不況の境目「50」を割り込んで、「49.1」という結果が出てきました。 米中貿易戦争の影響だと思います。 この結果をトランプ大統領がどのように受け止めるかは分かりませんが、FRBが利下げしなかったからなどと、FRBのせいにして利下げ圧力に繋げそうな気がします。

 

そして、肝心な米中通商協議は、9月の協議再開の見通しが立っていないようです。 このまま協議中止・延期ということになればリスクオフになるのではないかと思われます。

 

また、しびれを切らしてトランプ大統領が、新たな制裁に動くことも考えられます。 トランプ米大統領の「中国との交渉で我々は非常に上手くやっている」という発言が出ていますが、今までの流れから見ると、この発言の後に制裁発表がでたりしています。 ヘッドラインと発言に注意しておきたいと思います。

 

 

3)要人発言

 

本日は要人発言の予定がびっしりです。

 

ECBは9月利下げなのか!? それとも量的緩和なのか!? 両方なのか!? 据え置きなのか!? 要人発言から読み取りたいところです。

 

FOMCメンバーからは、9月利下げの可能性について読み取りたい。 特にFOMCメンバーは来週からブラックアウト期間に入るため、今週中に見極めたいので注目です。

 

 

4)経済指標

 

本日はカナダ政策金利発表が予定されています。 予想は据え置きです。 注目は声明文で、今後の政策スタンスです。 世界的に緩和政策・利下げ競争が起こっている中で、カナダも利下げ方向にシフトするのか注目しています。

 

また、豪州では四半期GDPが発表、ユーロ圏では各国で総合・サービス業PMIが発表されます。 豪ドル・ユーロともに下落トレンドなので、弱い結果が出てくると下落の追い風になりそうです。 要注目です。

 

 

 

5)その他リスク要因

 

・香港デモ

・日韓関係

・印パ、カシミール問題

・人民元安、韓国ウォン安

・イラク、中東問題

・アルゼンチン債務不履行(デフォルト)懸念

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

9月4日(水曜日)

 

英国議会「合意なき離脱を阻止する法案審議」

 

09:50 JPY 黒田日銀総裁発言

10:30 JPY 片岡日銀審議員発言

10:30 AUD 四半期GDP

10:45 CNY 財新サービス業PMI

16:45 EUR イタリア総合・サービス業PMI

16:50 EUR フランス総合・サービス業PMI

16:55 EUR ドイツ総合・サービス業PMI

17:00 EUR ユーロ圏総合・サービス業PMI

17:30 GBP 英サービス業PMI

18:00 EUR ユーロ圏小売売上高

20:00 EUR レーン・フィンランド中銀総裁発言

21:30 USD 貿易収支

21:30 CAD 貿易収支

22:15 GBP カーニーBOE総裁・ホールデン主席エコノミスト・ハスケル外部理事・ブリハ外部理事発言(議会証言)

22:25 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

23:00 CAD BOC政策金利・声明文発表

23:00 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言

23:00 EUR メルシュECB専務理事発言

 

 

9月5日(木曜日)

 

01:30 USD ボウマンFRB理事・ブラード・セントルイス連銀総裁発言

01:30 EUR デギントスECB副総裁発言

02:00 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言

03:00 USD ベージュブック(地区連銀経済報告書)

04:15 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら