いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

米中関係・Brexitの分岐点! 週明け窓開け・フラクラに要注意! ~10月11日の注目点とイベントスケジュール~

 

本日は、マーケットが大荒れの予感です。

昨日も米中関連やBrexit関連のヘッドラインで急騰急落、リスクオンオフがころころ変わる荒れた相場でした。

 

その流れは続き、本日も米中関連やBrexit関連が相場をけん引していくと思われます。

 

また、本日は金曜日です。

米中関連やBrexit関連のヘッドラインは、NYクローズ後に出てくることも十分にあり得ます。

 

特に米中関係のヘッドラインは、ここ数日NYクローズ後に出てきています。

週明けは、東京市場が休場ということもあり、窓開けやフラッシュクラッシュへの警戒はしておいた方が良いような気がします。

 

 

◎本日の注目点

 

1)米中閣僚級貿易協議

 

米中協議で注目は大きく分けて2点、合意出来るのかどうか!? と交渉継続となるかどうか!? です。

 

まず、合意できるかどうかについては、米国が部分合意を認めるかどうかです。

 

中国は、貿易に焦点を当てて、農作物の追加購入(大豆など)で譲歩を示し部分合意にこぎつけたいと思っています。

そして、経済システムや香港やウイグルなどの人権問題、知的財産の問題などは先送りしたいと思っています。

 

ただ、米国は、貿易量の問題だけでなく、中国が先送りしたいと思っているところほど重要と考えていると思われ、部分合意には合意出来ないと思われていました。

可能性があるとすれば、トランプ大統領が成果欲しさに農作物追加購入で部分合意して、その他問題は協議して今後認めさせると考えた場合です。

その他問題も、追加購入も、どちらも手に入れようとして欲張った場合に、部分合意する可能性もあるかなぁと思ってしまいます。

昨日のファーウェイ制裁の一部解除や通貨協定などの噂を見ていると、部分合意の可能性も出るのかと期待しています。

 

 

次に合意できなかった場合は、協議継続となるか!?

それとも、報復合戦に再度突入するのか!?

ここに注目です。

 

協議継続となれば、一応ポジティブな状況だと思われます。

ただ、この状況になれば、昨日織り込んだリスクオンで上昇した分を、どう解釈するかが問題になってくると思います。

ヘッドラインの内容や追加報道で上下する展開が続きそうな気がします。

 

合意出来ず、報復合戦になった場合は、昨日の上昇分はすべて吐き出し、安値トライの可能性が出てくるかもしれません。

あと、問題は関税だけに収まらず、人権や軍事などに影響が出てこないかです。

報復の広がり次第でリスクオフの下限が変わってくると思います。

 

本日も駆け引きのために多くのヘッドラインや発言が出てきそうなので、どの方向に向かっているのかを見極めながらチャンスに変えていきたいと思います。

 

 

 

2)英国離脱

 

昨日は急遽、ボリス・ジョンソン首相とバラッカー・アイルランド首相の会談が開催されました。

会談後に離脱合意に関する道筋が見えたといった発言などからポンドは記録的上昇となっています。

 

EU側からは、離脱期限の延期に前向きな発言が出てきています。

この提案をボリス・ジョンソン首相が受け入れるのか!?

英国議会では離脱期限延期の申請が法案化されています。

議会から、EU側から、離脱期限の延期という包囲網が出来上がってきているような気がします。

 

ボリス・ジョンソン首相、昨日のバラッカー首相との会談で見えた離脱案を提出し合意を狙うのか!?

離脱延期申請をするのか!?

やはり、合意なき離脱といった方向に行くのか!?

どちらにしても、週末で決着といっているので、今日がポイントだと思います。

 

 

 

3)その他リスク要因

 

・トルコのシリア侵攻

・対欧関税問題

・中東問題

・日韓関係

・香港デモ

・トランプ弾劾問題

・ドル高懸念

 

本日は、米中閣僚級貿易協議や英国の離脱案が注目度が高すぎて隠れてしまっていますが、トルコのシリア侵攻もかなりのリスクだと思っています。

また、その他のリスク要因も火種は残っていますので、注意だけはしておきたいと思います。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

10月11日(金曜日)

 

米中閣僚級貿易協議

 

07:30 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

15:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

17:00 EUR コスタ・ポルトガル中銀総裁発言

19:30 EUR デギントスECB副総裁発言

21:00 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言

21:30 CAD カナダ雇用者数増減・失業率

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

10月12日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント数

02:15 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言

04:00 USD カプラン・ダラス連銀総裁

 

 

10月13日(日曜日)

 

ポルトガル総選挙

 

 

 

 

 

PS.
スクールの説明会と授業体験セミナーを
参加無料で開催します。

詳しくはこちらのページを
確認してください。

https://inishie43.com/seminar/215/

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら