いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

米中関係悪化!! 次にファーウェイ取引停止する企業は!? ~5月23日の注目点とイベントスケジュール~

 

昨日は、国内携帯キャリア3社がファーウェイ新製品を販売延期するなど、ファーウェイ制裁による取引停止を表明する企業が多数出てきました。 それに対し、中国側が対抗措置としてレアアースの出荷停止などを検討していると伝わったことで、リスクオフの流れが進みました。 特にレアアースの出荷停止の影響を受ける企業などの株価は下落。 日欧米株価は下落しています。

 

また、注目を集めたFOMC議事録は無風通過で終わっています。

 

◎本日の注目点

 

 

1)米中関係

 

米中関係は悪化を続けています。 昨日の米国では、中国の監視カメラ企業ハイクビジョン社をブラックリスト入り、顔認証技術のメグビーなど中国5社を対象に、米国からの技術移転を禁じる措置を検討と報じられています。

 

ファーウェイ制裁を巡っては、米国以外でも続々と取引を見直す企業が出てきています。 日本国内では、携帯キャリア3社がファーウェイの新製品を販売延期、また、パナソニックも取引停止と報じられています。 国外では、英国ボーダフォンや、ソフトバンクの買収で騒がれたARM社なども取引停止と報じられています。

 

これに対し、中国は米国を批判しています。 また、対抗措置として米国債の売却や、レアアースの出荷(輸出)停止を検討しているようです。レアアースの出荷停止が米国だけなのか、取引停止をしたすべての国にが対象なのかは気になるところです。

 

本日も、ファーウェイ製品の取引停止する企業や国が増えてくるのではないかと思います。 また、それに対し中国側の対応措置が出てくるのではないかと思います。 ともに、ヘッドラインに注意しておきたいです。

 

 

 

2)トルコリラ

 

トルコリラの下落圧力が止まりません。 トルコ中銀・トルコ政府は何とかして、トルコリラ防衛に動いています。 ドル売り・リラ買い介入や、外貨取引課税、1週間物レポ金利停止など、何とかトルコリラを支えています。

 

ただ、先日1週間物レポ金利は再開しています。 ドル売り・リラ買い介入もどこまで持つか分かりません。 外貨取引課税にしても、どこまで影響があるかわかりません。 そうなると、どこかで堰を切ったようにリラの暴落が来ると思われます。 リラ暴落には要注意です。

 

また、リラが暴落した際に気を付けたいのが、ユーロです。 イタリアなど欧州の銀行は、トルコ債権などを抱えているため、欧州の銀行に影響します。 ただでさえ、体力のない欧州の銀行は連鎖的に影響していくと思われます。

 

トルコはロシア製のミサイル購入や新型ミサイルのロシアと共同生産などが懸念されています。 米国からの圧力や制裁が気になります。 トルコの動きに注意です。

 

 

 

3)欧州議会選挙

 

本日より、欧州議会選挙が開催されます。 26日までの予定です。 出口調査の結果などは26日の投票終了時まで出てこない予定です。(もしかしたら、出てくるかも・・・) ただ、直前までの世論調査などは気になるところです。

 

欧州議会選挙では、欧州懐疑派がどこまで躍進するかに注目です。

 

 

 

4)英国政権とBrexit

 

先日より、2度目の国民投票やメイ首相の辞任が注目されています。

 

6月第1週に採決と、2度目の国民投票を行うかの採決が予定されていますが、ともに反対が多く否決されるとの見方が高いです。 それ以上に、6月第1週までメイ首相が辞任しないかのほうが注目されています。 現在、メイ首相の後任には、ボリス・ジョンソンやファラージュBrexit党党首が有力視されています。 ともに離脱強硬派で合意なき離脱を支持しています。 仮にメイ首相が辞任して、どちらかが首相になった場合、合意なき離脱の可能性が高まります。

 

ということで、メイ首相が辞任すると合意なき離脱が近くなるということで、ポンド売りに繋がるのではないかと思われます。 メイ首相の辞任ヘッドラインに注意しておきたいと思います。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

5月23日(木曜日)

 

欧州議会選挙(~26日まで)

 

15:00 EUR ドイツGDP

15:45 EUR フランス企業景況感指数

16:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI

16:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI

16:30 SEK スウェーデン失業率

17:00 EUR ドイツ企業景況感指数

17:00 EUR ユーロ圏製造業・サービス業・総合PMI

17:40 EUR デギントスECB副総裁発言

20:30 EUR ECB理事会議事要旨

22:45 USD 米製造業・サービス業・総合PMI

23:00 USD 新築住宅販売戸数

 

 

5月24日(金曜日)

 

欧州議会選挙(~26日まで)

 

01:00 EUR ノボトニー・オーストリア中銀総裁発言

02:00 USD カプラン・ダラス連銀総裁/デイリー・サンフランシスコ連銀総裁/ボスティック・アトランタ連銀総裁発言/バーキン・リッチモンド連銀総裁発言(討論会)

07:45 NZD 貿易収支

 

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら