いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

米中閣僚級貿易協議の行方は!? ~10月10日の注目点とイベントスケジュール~

 

昨日は、中国側が部分合意に前向きな報道や、農作物の追加購入などの譲歩報道などからリスクオンとなりドル円は上昇しました。

 

ただ、米国・トランプ大統領は部分合意ではなく包括的な合意といっている以上、中国側の思いは通じるのか疑問でした。

 

などと、これを書いているときに、香港サウス・チャイナ紙が米中次官級協議では進展なし、閣僚級協議も2日の予定を1日に繰り上げて帰国の可能性と報じたことで、ドル円急落しています。

 

やはり、部分合意は難しいのか!? 今日も米中関係のヘッドラインに振り回される1日になりそうな気がします。

 

 

◎本日の注目点

 

1)米中協議

 

米中協議で注目は大きく分けて2点、合意出来るのかどうか!? と交渉継続となるかどうか!? です。

明日に向けて、本日も駆け引きが激化するのではないかと思われます。

 

まず、合意できるかどうかについては、米国が部分合意を認めるかどうかです。

中国は、貿易に焦点を当てて、農作物の追加購入(大豆など)で譲歩を示し部分合意にこぎつけたいと思っています。

そして、経済システムや香港やウイグルなどの人権問題、知的財産の問題などは先送りしたいと思っています。

 

ただ、米国は、貿易量の問題だけでなく、中国が先送りしたいと思っているところほど重要と考えていると思われ、部分合意には合意出来ないと思われます。

可能性があるとすれば、トランプ大統領が成果欲しさに農作物追加購入で部分合意して、その他問題は協議して今後認めさせると考えた場合です。

その他問題も、追加購入も、どちらも手に入れようとして欲張った場合に、部分合意する可能性もあるかなぁと思ってしまいます。

 

 

次に合意できなかった場合は、協議継続となるか!?

それとも、報復合戦に再度突入するのか!?

ここに注目です。

 

協議継続となれば、現状考えられるポジティブな状況だと思われます。

この状況になれば、また、ヘッドラインに振り回される可能性が続くと思われます。

 

合意出来ず、報復合戦になることはあり得ると思われます。

問題は関税だけに収まらず、人権や軍事などに影響が出てこないかです。

報復の広がり次第でリスクオフの下限が変わってくると思います。

 

それぞれの状況に向かう過程で、駆け引きのために多くのヘッドラインや発言が出てきそうなので、その方向に向かっているのかを見極めながらチャンスに変えていきたいと思います。

 

 

 

2)Brexit交渉

 

英国とEUの間で、合意なき離脱になった場合どちらに責任があるのか!? のような発言が続いています。

 

EU側は、離脱期限の延期に前向きな発言が出てきています。

この提案をボリス・ジョンソン首相が受け入れるのか!?

英国議会では離脱期限延期の申請が法案化されています。

議会から、EU側から、離脱期限の延期という包囲網が出来上がってきているような気がします。

 

この、状況をひっくり返せるミラクルがあるのか!?

ボリス・ジョンソン首相に注目です。

合意なき離脱となれば、ポンドが大きく売られると思われますが、離脱期限の延期となればポンドの買い戻しが入ると思われます。

どちらにしても、週末で決着といっているので、今日・明日がポイントだと思います。

 

 

 

3)トルコのシリア侵攻

 

昨日、トルコはシリアに侵攻を始めたと報道がありました。

この行動にトランプ大統領は非難しています。

また、制裁についても触れています。

このことから、リスクオフ要因であると思うのですが、上記2点(米中やBrexit)の影響・注目度が高く主要通貨にはまだ影響は出ていません。

 

ただ、上記2点の注目度が落ち着いてきた場合、次のリスク要因になりそうな気がしています。

また、難民が出てきた場合は、欧州におしかけると思われ、イタリアやギリシャが再度難民問題でEUとの争いの火種になりそうな気がしています。

トルコの問題は、ユーロ売りに発展する可能性があると思って注目しています。

 

 

 

4)その他リスク要因

 

・対欧関税問題

・中東問題

・日韓関係

・香港デモ

・トランプ弾劾問題

・ドル高懸念

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

10月10日(木曜日)

 

EU財務相理事会

米中閣僚級貿易協議

 

09:00 JPY 雨宮日銀副総裁発言

15:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数)

16:30 SEK スウェーデンCPI(消費者物価指数)

17:30 GBP 英GDP

18:20 GBP カーニーBOE総裁発言

20:30 EUR ECB理事会議事要旨(9月12日分)

21:30 USD 米CPI(消費者物価指数)

21:30 CAD カナダ新築住宅価格指数

 

 

10月11日(金曜日)

 

00:00 MXN メキシコ金融政策決定会合議事録

01:15 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言

01:30 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

02:00 USD 30年債入札

04:00 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言

06:30 USD メスター・クリーブランド連銀総裁発言

06:30 NZD NZ製造業PMI

07:30 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

 

 

 

 

PS.
スクールの説明会と授業体験セミナーを
参加無料で開催します。

詳しくはこちらのページを
確認してください。

https://inishie43.com/seminar/215/

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら