いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

米国債償還・利払い、五十日要因の週末の注目点! ~2月15日の注目点とスケジュール~

 

 

昨日は、かなり弱い米小売売上高がキッカケで、ドル売りに傾きました。 一時111円台ミドルまで来ていたドル円は、110円台半ばまで下落してしまいました。 また、英国議会で採決を控えて、ポンドはいられています。 結果、先にポンドが売られていたこともあり、議会でメイ首相の離脱案否決となっても、目立ったポンドの動きはありませんでした。

 

◎本日の注目点

 

 

1)米国非常事態宣言と予算案

 

トランプ大統領はメキシコ国境の壁建設予算について、非常事態を宣言。 ただ、議会からは反対圧力がかかるのではないかと予想されます。 ただ、トランプ大統領としては、選挙公約であった国境の壁建設を実施。 これで、気が済んだのか予算案には署名。 本日が期限の暫定予算が通過したことで、政府機関の閉鎖は回避できることとなった。

 

このことで、リスクオンと受け取ることが出来るのか!? それとも、トランプ大統領vs議会、民主党vs共和党の対立は激化すると予想されます。 対立激化を懸念してリスクオフなのか!? 

 

 

 

2)米中通商協議

 

本日は閣僚級米中通商協議が開催されます。 現在のところ、目立った進展はないとの観測。 このまま合意出来なければ、3月1日より2500億ドル相当の追加関税が発動されます。 一部報道では、60日間の延長を検討とありましたが、あくまで検討。 情報源も確認できません。 なので、あまり期待は出来ないかもしれません。

 

本日、もしくは週末に通商協議に合意出来なければリスクオフ、合意出来ればリスクオンとなります。 仮に、ニューヨーククローズ後となれば、来週窓開けの可能性もあります。 週末のポジション調整はしっかりとし置きたいと思います。

 

 

 

3)五十日と米国債償還と利払い

 

本日は15日、五十日です。 また、米国債は償還と利払い日となっています。 通常で考えれば、外国人投資家は償還・利払いされた米ドルを自国通貨に換えるのであれば、ドル売りに傾くのではないかと予想されます。

 

 

 

4)英国議会と離脱交渉

 

英国議会では、メイ首相の離脱案が採決で否定されました。 今朝の議会採決では、いくつか採決が行われましたが、これと言った離脱案が出来上がることはありませんでした。 次は2月26日です。 メイ首相の離脱案が否決されたときに、ポンドはあまり売られることはありませんでした。 注目は、欧州の反応です。 欧州サイドから見ると、メイ首相・英国議会は国内の意見をまとめられず、何がしたいのかわからない!? というのが本音ではないかと思います。 欧州と英国の関係、離脱交渉の進展が、これからどのように進んでいくのか注目です。

 

 

 

5)欧州経済と政治

 

欧州は景気後退が懸念されています。 昨日のドイツGDPはギリギリ2四半期連続マイナス(リセッション)とはなりませんでした。 ただ、欧州景気の後退懸念がなくなったわけではありません。 本日もスペインHICPが発表されます。

 

また、政治面ではスペインの予算案が否決されたことで、本日にも解散総選挙が発表されるのではないかと言われています。 本日はスペインに注目しておきたいと思います。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

2月15日(金曜日)

 

米中閣僚級通商協議

米国暫定予算期限

米国債償還・利払い

 

10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)

17:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

18:30 GBP 小売売上高

19:00 EUR EU貿易収支

22:00 EUR クーレECB理事発言

22:30 USD 小売売上高

23:55 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

 

2月16日(土曜日)

 

00:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら