いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

米雇用統計・ISM発表、ドル円に方向感は出るのか!? ~5月3日の注目点とイベントスケジュール~

 

昨日は、欧州の経済指標が多く発表。 その後はチェコと英国で政策金利が発表と欧州・英国に注目が集まりました。 欧州指標は大きなサプライズもなく通過、チェコ政策金利発表は想定通り利上げ、英国中銀も予想通り据え置きとなりました。 全体的に予想通りとなったことで、為替市場に大きな影響はありませんでした。

 

為替市場の注目は、WTI原油価格の下落をはじめ商品価格の下落。 資源国通貨はそろって下落しています。 なかでも、原油価格と相関の強いカナダドルは大きく下落しています。

 

◎本日の注目点

 

 

1)雇用統計・ISM非製造業景況指数

 

本日は米ドルに注目が集まります。 最大の要因は雇用統計とISM非製造業景況指数。 最近の狭いレンジを上抜けしていく材料としては弱い気がするが、111円を下抜けして一段下のレンジに持っていくには十分な材料だと思う。

 

雇用統計に関しては、先日のADP雇用統計が大幅に予想を上回ったことで、NFP雇用統計にも期待が集まっている。 なので、今回悪い結果が出てしまうと失望感は大きいと思います。

 

ISM非製造業景況指数に関しては、先日発表のISM製造業景況指数が予想を下回ったことで、本日発表のISM非製造業景況指数も悪いのではないかと警戒感が高まっています。 最近世界的に先行き不透明感が注目されていることで、景気先行指数であるPMIや景況感指数が注目されています。 その為、ISM製造業景況指数・ISM非製造業景況指数ともに予想を下回るとなれば、ドルにとってはかなりのネガティブ材料となります。

 

雇用統計、ISM非製造業景況指数ともに予想を下回った場合、ドル円は111円を下抜けして下落に繋がるのではないかと思います。

 

 

 

2)豪ドル水準

 

豪ドルは、来週7日の金融政策発表での利下げ懸念で下落が続いています。 だいぶ安値圏に近づいていることから、節目を下抜けすると一気に下落するのではないかと懸念されています。

 

そんな中、オーストラリア経済の懸念事項の一つに「住宅バブル崩壊」があります。 その住宅関連指標で、住宅建設許可件数が発表されます。 指標発表をキッカケに下落、節目下抜けしたことから大きく下落。 なんてことにならないか注意しておきたいと思います。 特に、東京市場はGW10連休中で流動性が低下しているので要注意です。

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

5月3日(金曜日)

 

労働節(中国)休場

 

10:30 AUD 住宅建設許可件数

15:30 CHF スイスCPI(消費者物価指数)

16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数)

17:30 GBP サービス業PMI

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

21:30 USD NFP雇用統計・失業率・平均時給

23:00 USD ISM非製造業景況指数

23:15 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

 

 

5月4日(土曜日)

 

00:30 USD クラリダFRB副議長発言

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント数

02:45 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

04:00 USD ボウマンFRB理事発言

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら