いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

5月17日~18日の注目点

  05月17日(木曜日) EU首脳会議(於;ブルガリア ソフィア) 21:30 USD フィラデルフィア連銀製造業指数 23:45 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言 05月18日(金曜日) 02:00 USD 10年物長期国債入札 02:30 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言 04:00 MXN メキシコ政策金利発表 08:30 JPY   消費者物価指数 09:00 NZD ロバートソンNZ財務相発言   注目の米金利は10年債利回り3.10%まで上昇。 米株価は、堅調に推移したことで、ドル円は110.45まで上昇。 その後、北朝鮮の首脳会談延期発言や、中国の報復関税報道でドル円は下落するも、110円を割れることはありませんでした。 今日は材料難の中、10年債入札で長期金利の変化に注目したいと思います。 一部情報では、110円後半には輸出企業の売りがあるとのこと。 110円後半の売りを抜けていけるようであれば、昨年レンジ上限の114円を目指す展開も⁉   米10年債利回りチャート   USD/JPY10分足チャート     その他では、メキシコ政策金利が発表されます。 新興国通貨は、最近のドル高で資金流出・通貨安が懸念されています。 政策金利の発表には注目したいと思います。     USD/MXN日足チャート     また本日は、EU首脳会談が予定されています。 売り(下げ)が止まらないのが、ユーロです。 昨日も連立政権の交渉合意との報道も好感されず、、、 そのうえ欧州中央銀行(ECB)に対し、債務減免を求めることが検討との報道でイタリア国債が下落。 独伊金利差から、EUR/USDが1.1762までユーロ下落。 その後、否定報道で1.180を回復。 中々、ユーロに対し上昇材料が少ない。   イタリア10年債利回りチャート       ドイツ10年債利回りチャート       EUR/USD日足チャート     昨日からの要人発言 ブレイナードFRB理事 「デジタル通貨には深刻な課題があり、米連邦準備理事会(FRB)による発行は強い必要性は見当たらない」 茂木再生相 「(GDP鈍化も)景気は緩やかに回復との認識は変わっていない」 「消費や設備投資など民需中心の景気回復を見込んでいる」 「海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意が必要」 「海外経済の回復が続くなか、政策効果もあり雇用・所得環境の改善が続いている」 「世界経済、緩やかに回復、先行きも緩やかな回復続くとみる」 「景気緩やかに回復も、いっそうの取り組み必要」 「個人消費が重要と認識」 「1-3月の個人消費は横ばい、野菜価格上昇やスマホ反動減が背景」 ブロードベントBOE副総裁 「金融政策の道筋に関して、金融市場に対して手取り足取りして伝えることはしない」 フォワードガイダンスに対する金融業界の不満に対応する時間はない」 韓国統一省報道官 「北朝鮮の南北会談中止は遺憾であり、板門店宣言にそぐわない」 北朝鮮高官 「リビア方式の非核化は拒否する」 「米政府が核プログラム放棄を主張するならば、米国との首脳会談を再考する必要」 ドラギECB総裁 「我々は政治的分裂の拡大に直面している」 トゥスクEU大統領 「米国との通商交渉には強気で臨む」 ボスティック米アトランタ連銀総裁 「2018年は2-4回の利上げが適切」 「FRBは金利を中立にすべきだが、急ぐ必要はない」 「財政刺激策で、正常化がやや加速する可能性」 「長短金利が逆転しないようにすることが責務」 ボルギ伊・同盟報道官 「イタリア債務の免除を公式政策には盛り込まない」 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁 「(長短金利差が縮小している)イールドカーブに関しては懸念していない」 「物価が急騰するリスクはみられない」 「フォワードガイダンスは段階的に廃止されるだろう」 トランプ米大統領 「北朝鮮との会談が実現するか、確認する必要がある」 シェンブリBOC副総裁 「NAFTA交渉の不透明感が、金利を中立以下ににしている」 「低金利が金融の脆弱性につながると認識」 ブラード米セントルイス連銀総裁 「我々は中立金利に近づいている」 「逆イールドになる危険はない」 ホワイトハウス 「中国との通商協議、ナバロNTC委員長は米代表団を主導しない」 中国商務省 「一部の米国製品に対して相互課税を賦課」 「米国産果物と豚への関税特許を停止」 「中国と米国が対話を通じて相違を抑制できるように望む」 「中国は米国との貿易関係の悪化を望んでいない」 劉鶴中国副首相 「米中貿易問題で協議を継続しており、適切な解決策を積極的に探る」 「米中通商関係の健全な発展を守る」 「米中の通商対立は両国にとって打撃となるため、適切に対処すべき」 韓国企画財政省 「2018年下半期から、通貨ウォンの急変動を避けるための為替市場介入の詳細を公表する トルコ政府 「原油高やリラ安による燃料価格上昇を相殺するため、特別消費税(SCT)を引き下げる」 安倍首相 「米国に対して、農業分野でTPP以上に譲歩しない」 「トランプ米大統領がTPPに対する姿勢を変えてくれることを望む」     マネックスFX 通常口座開設 マネックスFX 通常口座開設 マネックスFX 通常口座開設?|?fx-on.comカンタン・カシコイ自動発注 オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設 カンタン・カシコイ自動発注 オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設カンタン・カシコイ自動発注 オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設?|?fx-on.com

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら