いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

ADP雇用統計はじめ指標ラッシュの1日! ~7月3日の注目点とイベントスケジュール~

 

昨日は、欧州委員長・欧州中央銀行(ECB)総裁の後任が指名されました。 次期欧州委員長にフォンデアライエン独国防相、次期ECB総裁にはラガルドIMF専務理事が指名されています。

 

また、米国ではFRB理事も指名されています。 クリストファー・ウォーラー氏、ジュディー・シェルトン氏の2名が指名されています。

 

豪中銀は、予想通り利下げに動きました。 政策金利は1.0%となりましたが、織り込まれていたことから豪ドル売りは起こらず、買い戻しが入りました。 声明文は前回会合とほとんど変わらず、追加利下げの可能性も残りました。 ただ、マーケットは、今回の利下げで十分ではないかと思ったようで、豪ドルは底堅くなっています。

 

 

◎本日の注目点

 

 

1)経済指標

 

本日は、欧州各国で総合・サービス業PMIが発表されます。 欧州では、先日発表された製造業PMIが弱かったことからユーロ売り、本日の結果次第ではユーロ売りが加速する可能性があります。 また、欧州委員長と欧州中央銀行(ECB)総裁の後任が指名されました。 次期ECB総裁はラガルドIMF専務理事はハト派です。 ラガルドさんが指名されたことで、ユーロの緩和姿勢が継続されると期待しユーロ売りが出てきています。

 

また、本日はADP雇用統計も発表されます。 先月の雇用統計は、予想よりも大幅に弱い結果が出ました。 今月の雇用統計は政策金利引き下げ検討の材料として注目しています。 今日のADP雇用統計、週末のNFP雇用統計に注目です。 弱い結果が出れば利下げ確率が上がり株価上昇、強い結果が出れば利下げ回数が減るのではないかと小康状態になるのではないかと予想しています。 ISM非製造業景況指数も同様の結果が予想されます。

 

 

 

2)地政学リスク

 

G20首脳会談を終えて、リスクオンの流れになったかのように見えたのですが、昨日から再度リスクオフの流れとなってきました。

 

昨日、ペンス副大統領が緊急帰国、ホワイトハウスに戻るという事態が起きました。 詳細は出ていませんが、個人の健康や重大なことではないとしていますが、健康以外となると、重大なことがない限り外交予定をキャンセルまでして帰国しないような気がします。

 

イランの濃縮ウラン貯蔵量が核合意の上限を超えたことで、制裁に動くかどうかに注目されています。 イランに関しては、武力衝突が懸念されていましたが、「ホルムズ海峡のタンカーは自国で護衛すべき」などと発言するなど、米国は戦争にはしたくないように見えます。 一応武力衝突には注意しておきたいと思いますが、制裁のほうが可能性が高いと思われます。 制裁の手順は以下に載っていました。 注目しておきたいと思います。

 

アングル:イラン核合意、国連制裁再開までに必要な手続きとは

 

 

また、トルコのミサイル納入問題も同様に、制裁が科せられるのではないかと思われます。 米国vsトルコの関係性にも注意です。

 

その他に、欧州議会がスタートしたことで、欧州vsイタリアの財政問題が再燃しています。 こちらも、悪化していくとリスクとして見られると思います。 昨日まではイタリア側から一方的に発言が出ているだけですが、欧州側から発言が出始めるか注目しています。 欧州側は、昨日まで欧州委員長やECB総裁の後任選定に忙しかったので、終了した本日は、もしかすると対イタリア発言が出てくるかもしれません。 要注目です。

 

 

 

3)時短取引

 

本日は、米国が独立記念日前ということで時短取引になっています。 流動性低下となっているところに、上記地政学リスクが出てくると大きく動く可能性があります。 要注意です。

 

 

 

 

◎本日の注目点

 

 

7月3日(水曜日)

 

米独立記念日(米株式・債券市場早引け)

 

10:00 AUD 建築許可件数・貿易収支

10:30 JPY 布野日銀審議員発言

10:45 CNY 財新サービス業PMI

16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数)

16:30 SEK スウェーデン政策金利発表

16:45 EUR イタリアサービス業PMI

16:50 EUR フランス総合・サービス業PMI

16:55 EUR ドイツ総合・サービス業PMI

17:00 EUR ユーロ圏総合・サービス業PMI

17:00 EUR ノボトニー・オーストリア中銀総裁発言

17:30 GBP 英サービス業PMI

19:00 GBP カンリフBOE副総裁発言

21:15 USD ADP雇用統計

21:15 GBP ブロードベントBOE副総裁発言

21:30 USD 貿易収支

21:30 CAD 貿易収支

22:45 USD 総合・サービス業PMI

23:00 USD ISM非製造業景況指数

23:30 USD 原油在庫量

23:30 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

 

7月4日(木曜日)

 

米独立記念日(休場)

 

10:30 AUD 小売売上高

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら