フランス大統領選挙について④

TOP > 新着記事一覧 > フランス大統領選挙について④

2017年12月27日

フランス大統領選挙について④

記事を書いた人:岡ちゃんマン

前回に続き、フランス大統領選挙の注目点について

 

フランス大統領選挙について①

フランス大統領選挙について②

フランス大統領選挙について③


現在の支持率
メラション候補とは
第1回目投票の注目点

現在の支持率

ここ1か月で急に支持率を伸ばしてきてる候補で、メラション候補がいます。
19フランス大統領選挙支持率
セントラル短資参照

最新の世論調査(04月19日現在)
マクロン氏  23.5%
ルペン氏   22.5%
フィロン氏  19.5%
メラション氏 19%

メラション候補とは

左寄りの考えを持っていてフランス共産党の支持も得ています。公約の一部が以下の通りです。

富裕層のみを対象とした増税
・最低賃金の引上げ
・年金支給年齢を60歳に戻したい
フランスをNATOとEUから離脱
・移民はいくらでも受け入れる

第1回目の投票の注目点

第1回目の投票で過半数を獲得する候補者がいれば決まりなのですが、現在の支持率を見ると難しいので、決選投票に進む候補者がだれになるかが1番の注目点です。

決選投票がマクロン氏vsルペン氏やマクロン氏vsメラション氏であれば、決選投票ではマクロン氏が勝つとみられています。これが現在のメインシナリオと考えられています。

しかし、極右のルペン氏vs左寄りのメラション氏が決選投票になった場合には、ユーロにとって頭の痛い展開になってきます。

マクロン氏等の中道の考えを支持している人たちは、サプライズの結果はないと思い込んでいるので、投票に行かないことがありそうとのことです。

なので、投票率が低いとルペン氏vsメラション氏の確立が出てきます

あとは、フランスの世論調査の精度はあまり高くないので、数%の支持率の差はないものと思ったほうがいいとの情報もあります。

長くなりましたが選挙は週末なので、ポジションの調整はしっかりとしておきたいと思います。

RECOMMEND