経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

インフラ投資法案・債務上限問題など米議会に注目! 「7月26日の注目点とイベントスケジュール」

  先週は週後半にかけてリスクオフが後退し、リスクオンムードが進んでいます。 日本は先週末から4連休で、本日は連休明けとなります。 連休中にリスクオンムードが大きく進んでいるため、本日の東京市場で一気にリスクオ …続きを読む

FOMC・債務上限・インフラ法案など米ドルに注目! 「7月26日の注目点とイベントスケジュール」

  先週前半はコロナ感染拡大や原油価格の下落からリスクオフが進み株価は下落、資源国通貨は売られ、逃避通貨である円やフランが買われました。 注目されていたECB理事会は予想通りの展開で大きな値動きには繋がりません …続きを読む

7月23日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・ニュージーランドのアーダーン首相が「豪との隔離措置なしの相互往来を8週間停止する」と発表したことから、心理的にオセアニア通貨を買いづらい展開 ・7月米製造業購買担当者景気指数 …続きを読む

製造業・サービス業・総合PMI速報値発表! 「7月23日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日のECB理事会では予想通りの金利・資産購入ともに据え置きが発表されました。 注目されたフォワードガイダンスは、こちらも予想通りハト派に振れた内容でした。 さらに足元で感染拡大しているデルタ株について懸念 …続きを読む

7月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・欧州中央銀行(ECB)は理事会で予想通り金利・資産購入ともに据え置きを発表、先行きの政策指針である「フォワードガイダンス」を変更し、物価の一時的な上振れを容認、景気の下支えに …続きを読む

注目のECB理事会はハト派な内容になるか!? 「7月22日の注目点とイベントスケジュール」

  コロナ感染再拡大の懸念からリスクオフが進んでいましたが、昨日はリスクオフが後退し株価は上昇。 資源国通貨は上昇し、円は大きく売られました。 ただ、リスクオフの後退が一時的なのか、それともリスクオフは終了しリ …続きを読む

7月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・株価の失速に加えて6月豪小売売上高が予想を大幅に下回る結果だったことから豪ドルは軟調 ・欧米株式市場で各国株価は上昇しリスクオフは後退。 ・米株が続伸し、米長期金利が上昇する …続きを読む

豪小売りは改善するか? 「7月21日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は、欧米市場で株価は上昇、米金利も上昇に転じてリスクオフムードは後退しました。 米ドルは買われて、ドルの強さを測る指標のドルインデックスは3月末高値付近化で上昇してきており、高値更新できるかがポイントに …続きを読む

7月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・一部豪市中銀行が「豪準備銀行(RBA)は量的緩和(QE)を縮小するのではなく、拡大する可能性」との見解を示したことで豪ドルは売りで反応 ・一時は1.1260%前後と2月11日 …続きを読む

RBA議事要旨でタカ派サプライズはあるのか!? 「7月20日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は目立ったイベントもなく要人発言も予定されていない状況でしたが、コロナ感染再拡大やOPECプラスで増産が決定したことによる原油価格の下落からリスクオフムードが高まり、世界的に株価が下落。 欧州では洪水の …続きを読む