経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

9月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁が「2022年、2023年に利上げが織り込まれていることを理解するのは困難」「第3四半期GDPは少なくとも2%縮小の公算が高く、さらに縮小するリス …続きを読む

注目指標の米CPI(消費者物価指数)発表! 「9月14日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は重要指標もなく、大きなイベントもなかったことで、材料難の1日でした。 マーケットは株価上昇などからリスクオンが進み、安全通貨であるフランが大きく売られ、資源国通貨が買われる展開となりました。 SNB( …続きを読む

9月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・ハリケーン・アイダに続き、ハリケーン・ニコラスが勢力を強めていることなどで、原油価格が続伸 ・「米小売り最大手ウォルマートはLTCと連携し、10月1日からeコマースストアでの …続きを読む

材料難で様子見の1日! 「9月13日の注目点とイベントスケジュール」

  本日は経済指標などが少なく、取引材料が少ない1日となりそうです。 また、来週にFOMCを控えていることも動きづらい要因となっています。 なので、本日は様子見したいと思っています。   ◎本日の注目 …続きを読む

方向感を模索する展開でリスク要因に注目! 「9月13日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週は注目されたECB理事会でしたがハト派ともタカ派ともとれる内容で、値動きとしては思ったよりも動きませんでした。 注目されたPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)は購入ペースを減速させるものの、もとも …続きを読む

9月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・メジャーSQの算出に絡んだ買いが観測されたほか、この日の香港株式相場が堅調に推移したことも投資家心理の改善につながり、日経平均株価は上昇、TOPIXも年初来の高値を更新 ・株 …続きを読む

カナダ雇用、要人発言に注目! 「9月10日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は注目のECB理事会が発表されましたが、結果は現状維持。 注目のPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)もやや減額が発表されました。 もともとPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の購入ペースは6 …続きを読む

9月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・マックレムBOC総裁の発言「量的緩和による景気刺激策を継続する必要がない時期に近づいている」によりカナダドル買いを強めた ・米労働省が発表した前週分の米新規失業保険申請件数は …続きを読む

ECB理事会でサプライズ発表はあるのか!? 「9月9日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はカナダで金融政策が発表されましたが、予想通り現状維持。 声明文ではややハト派だったことからカナダドルは売りで反応しました。 その後、原油価格の上昇などから一時的に買い戻されましたが、相対的にはカナダド …続きを読む

9月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・欧米株相場の下落を背景にリスク・オフのドル買いが優勢となり、一時1.1802ドルと日通し安値を更新、市場では「明日の欧州中央銀行(ECB)定例理事会を前に、ポジション調整目的 …続きを読む