経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

リスクオフ相場は継続か!? 「10月7日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はリスクオンの流れから株価上昇で始まったのですが、まさかのトランプツイートで株価急落。 トランプ大統領は支持率が低下してきていることから、支持率回復のため株価を上昇させようと経済対策案に合意するのではな …続きを読む

10月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・豪準備銀行(RBA)は政策金利および3年債の目標利回りをそれぞれ前回から据え置いたことを発表、一部市場では利下げを予想する声があったため、発表直後には豪ドル買いで反応するも、 …続きを読む

RBA理事会で豪ドルの動きに注目! 「10月6日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はトランプ大統領の体調が回復したことを好感したのか、巻き戻しのリスクオンなのか、欧英のサービス業PMIやISM非製造業景況指数が予想を上回ったことを好感したのか、世界的に株価は大幅上昇しています。 &n …続きを読む

10月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・トランプ米大統領が日本時間の早朝に入院先の病院周辺を車で回り、新型コロナウィルス罹患による健康不安説を払しょくさせたことでダウ先物(200ドル以上)、日経平均(300円以上) …続きを読む

トランプ大統領は退院できるのか!? 「10月5日の注目点とイベントスケジュール」

  先週、トランプ大統領がコロナに感染し、重体だという報道が出てきたり、症状はなくすぐに退院できるといった報道が出てきたり、情報が錯綜している中で、週明けの為替市場は窓開けなくスタートしています。   …続きを読む

トランプ大統領のコロナ感染で大統領選挙が混乱! 「10月5日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週はテレビ討論会で株価急落、トランプ大統領のコロナ感染で株価急落、ただその後は急回復するなどジェットコースターのようなマーケットでした。 為替市場も英国の離脱協議に関するヘッドラインでポンドが上下に大きく …続きを読む

9月28日~10月3日を振り返り、気になったニュース

・英国とカナダ、ベラルーシ大統領らに制裁 西側諸国で初 http://jp.reuters.com/article/belarus-election-sanctions-idJPKBN26K2ZN ・EUがベラルーシに制 …続きを読む

10月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・米大統領側近のホープ・ヒックス氏が新型コロナウイルス陽性を受けトランプ米大統領が「自主隔離を開始する予定」と発言しダウ先物が130ドル超下げる ・トランプ米大統領が新型コロナ …続きを読む

EUサミット・英離脱協議・米経済対策法案協議のリミットに注目! 「10月2日の注目点とイベントスケジュール」

  本日は雇用統計が発表が予定され、先日のADP雇用統計が予想を上回る結果が出ていることから注目が集まっています。 ただ反応は一時的、もしくは限定的ではないかと思われます。   現在マーケットの関心は …続きを読む

10月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・東京証券取引所は、株価などの情報を配信するシステムにトラブルが発生したため、終日、すべての銘柄の取り引きを停止 ・関係者筋の話として「英国と欧州連合(EU)の通商協議では、国 …続きを読む