経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

12月24日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・欧州市場はクリスマス・イブのためドイツとスイスが休場、ロンドン市場も短縮取引となっており、動意に乏しい展開 ・欧州外国為替市場でポンドドルは上昇。英国と欧州連合(EU)との通 …続きを読む

12月23日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・トランプ米大統領が「(昨日上下院で可決した経済対策法案に対して)無駄で不必要な要素を除外するように要求する」との見解を示し、大統領が法案に署名しないリスクが意識され、ダウ先物 …続きを読む

クリスマス休暇前で取り引き材料難 「12月23日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は離脱協議に関するヘッドラインや発言でポンドが一喜一憂、上下に荒れた展開となりました。 この動きは今日も続くと思われます。   また、今日はクリスマス休暇前ということで取引量も低下してくること …続きを読む

12月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・米下院は歳出法案と9000億ドル規模のコロナ経済対策を可決 ・英国や豪州などで変異種の新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、景気先行き不透明感が強まり景気敏感株を中心に売り …続きを読む

リスクオフの流れは継続? 「12月22日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はポンドが売り方向で窓開けスタートした後もポンド売りが継続。 ポンドドルは一時300ポイント以上下落した後に、発言一つで全戻ししてしまうという方向感が乏しく、荒い値動きとなっています。   ま …続きを読む

12月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・英国などで感染力が非常に強い新型コロナウイルスの変異種が確認され、英国との渡航制限を発表する国が出てきたことと、英国と欧州連合(EU)による自由貿易協定(FTA)などの交渉が …続きを読む

離脱協議と米予算に関するヘッドラインや発言に注目! 「12月21日の注目点とイベントスケジュール」

  本日は重要指標も少なく、年末に向けて取引量が低下して薄商いが予想されます。 取引量が低下している中で、取引材料になりそうなのは離脱協議と米予算の2点です。 特に離脱関連は大きな値動きに繋がることが多く、取引 …続きを読む

クリスマス休暇で薄商いの1週間! 「12月21日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週は注目のFOMCで量的緩和のフォワードガイダンスが強化され、追加緩和の可能性を残したことでドル安トレンドは継続されました。 日銀は相変わらずの現状維持、英中銀も変更なしを発表しています。 主要中銀の政策 …続きを読む

12月14日~19日を振り返り、気になったニュース

・英首相:交渉は「難しい」、WTOルール下でも反映-英EU通商交渉 http://bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-16/QLFYVAT0AFBF01?srnd=cojp-v2 …続きを読む

12月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・日銀は現行の金融政策維持を決定、新型コロナ対応金融支援特別オペの期限を半年間延長すること、「物価安定の目標」実現のために効果的で持続的な金融緩和を実施していくための点検を行う …続きを読む