経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

6月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・豪準備銀行(RBA)理事会で、政策金利が0.50%の利上げとなる0.85%へ引き上げられ、インフレ抑制に取り組む中、一段の引き締めが必要となる可能性を示唆したことで、0.72 …続きを読む

RBA理事会と円安が気になる1日! 「6月7日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はリスクオン地合いと黒田日銀総裁の円安容認発言で円安が加速、ドル円は一時132.01円と2002年4月以来約20年2カ月ぶりの高値を更新。 引き締め観測が高まっているECBと日本の金利差拡大からユーロ円 …続きを読む

6月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・アジア時間に伝わった黒田東彦日銀総裁の「揺るぎない姿勢で金融緩和を継続していく」「(安定的な円安)経済全体としてみればプラスに作用する可能性が高い」との発言から引き続き円売り …続きを読む

政策発表前で様子見姿勢か!? 「6月6日の注目点とイベントスケジュール」

  先週はユーロ買いが進み、ユーロ円が一時140.37円と2015年6月以来7年ぶりの高値を更新しています。   ドル円も予想を上回る結果となった雇用統計を受けてドル買いが進み、130円台後半まで上昇 …続きを読む

ECB理事会やRBA理事会、金融政策発表に注目! 「6月6日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週ADP雇用統計が予想よりも悪い結果だったため期待値が下がっていたところに、週末のNFP雇用統計が予想以上の結果だったことからドル買いが進み、円安と相まってドル円が上昇しました。 ドル円は130円台後半、 …続きを読む

6月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・5月米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比39.0万人増と予想の32.5万人増を上回ったことが分かると米10年債利回りが2.98%台まで上昇し円売り・ドル買いが先行、ドル円は …続きを読む

雇用統計・ISM非製造業景況指数に注目! 「6月3日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は予想を下回るADP雇用統計の結果を受けドル売りが加速しました。 また、リスクオフも進み円売りが進みドル円の動きは限定的でしたが、対オージーやNZでは大きくドル安が進みました。   OPECプ …続きを読む

6月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・5月ADP全米雇用報告が前月比12.8万人の増加と発表され、予想の前月比30万人を下回り、米10年債利回りが一時2.88%台まで低下、ドル売りが進みドル円は一時129.51円 …続きを読む

ドル高が進む中でADP雇用統計に注目! 「6月2日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はドル買いが進み、ドル円は久しぶりに130円台を回復しています。 ISM製造業景況指数は予想以上の結果となり、米経済の底堅さが示される結果となりました。   カナダ中銀は市場予想通り0.5%の …続きを読む

6月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・前日に公表された5月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値が過去最大の上昇となったことを受け、ホルツマン・オーストリア中銀総裁が「新たなインフレの記録は50bp利上げの必要 …続きを読む