経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

10月26日~31日を振り返り、気になったニュース

・米大統領選、期日前投票8500万人超 投票率は16年を上回る http://jp.reuters.com/article/us-early-vote-topps-850-mil-turnout-exce-idJPKBN …続きを読む

10月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・地中海(ギリシャ、ドデカネス諸島)を震源地とする地震が発生し、エーゲ海沿いのトルコ第3の都市イズミルでは集合住宅など多くの建物が倒壊 ・地震による被害が拡大するようであれば新 …続きを読む

大統領選挙を控えてリスクオフが進むのか!? 「10月30日の注目点とイベントスケジュール」

  本日は10月最終日で五十日ということで、実需フローが出やすいと言われています。 日本の仲値やロンドンFIX、各マーケットのクローズ前などに、実需フローによる急な変動には気を付けたいと思います。 また、来週に …続きを読む

10月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・日銀は予想通り金融政策の現状維持を発表し、展望レポートで2020年度のGDP・インフレ見通しを引き下げた ・欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で金融緩和政策の現状維持を決定 …続きを読む

ECB理事会で追加緩和は出てくるか!? 「10月29日の注目点とイベントスケジュール」

  ドイツでは一部の外出規制、フランスでは30日間のロックダウン、その他欧州各国で外出規制や飲食店などの営業規制が出ています。 このことから欧州株は大きく下落し、ユーロも下落しています。   米国でも …続きを読む

10月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・カナダ銀行(BOC)は政策金利を0.25%のまま据え置いたが、声明で「インフレ目標の持続的達成のため低金利政策を2023年まで継続する」「必要に応じて追加の金融政策の用意があ …続きを読む

カナダで金融政策発表! 「10月28日の注目点とイベントスケジュール」

  段々と大統領選挙が近づき、ボラティリティが低下、動きづらい状況が出てきています。 ただトルコリラは安値を更新し続け、対ドルで一時8.2036リラ、対円で12.74円と史上最安値を更新しています。 &nbsp …続きを読む

10月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・アルバイラク財務相の「競争力のある為替レートがトルコ輸出を拡大させる」との発言が「リラ安容認」と受け止められたこともありリラ安が進み、トルコリラは対ドルで一時8.2036リラ …続きを読む

リスクオフ相場は継続か!? 「10月27日の注目点とイベントスケジュール」

  トルコがロシア・米国・フランス・ギリシャなど、周辺国と揉めている状況でトルコリラは下落を続けています。 対ドルでは1ドル=8リラの節目を抜け、対円では1リラ=13円の節目を割り込み、対ドル・対円ともに各最安 …続きを読む

10月26日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・週末にフランスが駐トルコ大使を本国に呼び戻すなど、トルコEU関係の悪化を嫌気 ・トルコがロシア製ミサイルのテスト試射を行ったことで、米国政府が北大西洋条約機構(NATO)内の …続きを読む