経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

注目の米CPI(消費者物価指数)・FOMC議事要旨発表! 「10月13日の注目点とイベントスケジュール

  昨日は、本日発表のCPI(消費者物価指数)やFOMC議事要旨を控えて動きづらい1日でした。 英国では雇用統計が発表されましたが、米雇用統計と似たような内容で人手不足が見えてくる内容でした。 雇用者数は少なく …続きを読む

10月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・国際通貨基金(IMF)は12日、最新の世界経済見通し(WEO)を公表し、サプライチェーン(供給網)の混乱とインフレ圧力が新型コロナウイルス危機からの回復を阻害しているとして、 …続きを読む

ドル円の上昇はどこまで? 米金利に注目! 「10月12日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は米国とカナダが休場で夜は閑散相場、東京市場や欧州市場でも目立ったイベントも少ないことから動きづらい展開を予想していましたが、結果は円安が大幅に進み、ドル円は113円を簡単に突破して113.40円まで上 …続きを読む

10月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・岸田首相が「金融所得税の見直しを当面考えていない」との見解を示したことも投資家心理の改善に繋がり、日経平均は一時530円超高まで上昇幅を拡大 ・日米金利差が拡大するとの思惑か …続きを読む

指標少なく要人発言とリスク要因に注目! 「10月11日の注目点とイベントスケジュール」

  先週の雇用統計では失業率は大きく改善、米金利は上昇して1.6%台を回復。 ドル円は112円台に上昇しました。 米金利の動向は、今週もマーケットの中心になりそうな気がします。   本日は米国とカナダ …続きを読む

燃料資源価格の上昇、物価の上昇に注目! 「10月11日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週は原油価格の上昇や天然ガス価格の上昇など燃料資源価格の上昇が注目されました。 OPECプラス閣僚会合で増産ペースの拡大が期待されていましたが、今まで通りの拡大ペースを維持すると発表したことで原油価格は上 …続きを読む

10月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・米連邦債務上限を巡って与野党合意が成立し、デフォルト(債務不履行)が回避できるとの見通しが広がったことを受け、昨日の米国株式相場が上昇した流れを引き継ぎ、日経平均は一時640 …続きを読む

雇用統計前日でリスク要因に注目! 「10月7日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日も日経平均は続落、岸田ショックなどと言われていますが、8日連続での株価下落は2009年7月以来となります。 2009年7月は、まだリーマンショックよりも前。 本格的に日本売り(株安・債券安・円安)が始ま …続きを読む

10月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・RBNZは政策金利を予想通り0.50%へ引き上げたほか、声明文では「今後さらなる刺激策の縮小が見込まれる」などの見解を示した ・日経平均は、昨日の米国株式相場が上昇したことを …続きを読む

RBNZ理事会、ADP雇用統計、原油在庫量に注目! 「10月6日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はISM非製造業景況指数の結果が予想を上回ったことで米金利が上昇、再び1.5%台に戻してきました。 米金利の上昇で日米金利差が拡大、ドル円も上昇し111.50円まで上昇しました。   一昨日の …続きを読む