経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

10月12日~17日を振り返り、気になったニュース

・イングランド銀、マイナス金利への対応能力について銀行に意見求める http://bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-12/QI2W25T1UM0Z01?srnd=cojp-v2 …続きを読む

10月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・ラーブ英外相から「EUとの通商合意は双方の善意があれば可能」との発言があったが、ジョンソン英首相が「我々はオーストラリア式のブレグジット協定で準備すべきと結論付けている」と発 …続きを読む

英離脱協議は決裂か!? 「10月16日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日のEUサミットで離脱協議に一旦の決着がつくかと思っていましたが、結論は本日に先延ばしとなりました。 一応、本日の欧州時間には決着がつくと思うのですが、先延ばしになったり、発表が遅れたりすると週末に入って …続きを読む

10月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・月豪雇用統計が市場予想より強い結果となったが、朝方のロウ豪準備銀行(RBA)総裁が「少なくとも今後3年間は金利を引き上げることを予想していない」「政策金利を0.10%に引き下 …続きを読む

EUサミット開催で離脱協議は決着するのか!? 「10月15日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はEUサミットの草案が出てきて、合意なき離脱に関する内容があったことからポンドは急落。 その後、離脱協議の継続が示唆されるとポンドは反発上昇しています。   本日から始まるEUサミットで一旦の …続きを読む

10月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・「EU首脳は協議の突破口がないと発言している」と一部報道が伝わったほか、欧州委員会のブルトン委員は「何が何でも合意を見出す必要はない。我々はノーディールの用意もできている」と …続きを読む

明日に離脱協議期限を控えてポンドの動きに要注意! 「10月14日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はペロシ下院議長の発言で、景気対策案の合意が遠のいたことから米株が下落、リスクオフのドル買いが進みました。 また、EUと英国の離脱協議が進んでいないことからポンドやユーロが売られる展開となりました。 & …続きを読む

10月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・「中国が豪州産石炭の購入を停止している」と伝わったことが豪ドルの重しに ・10月独ZEW景況感指数が56.1と予想の74.0を大きく下回ったうえ、10月ユーロ圏ZEW景況感指 …続きを読む

離脱協議に関するヘッドラインに注意! 「10月13日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は、コロンブスデーで米債券市場が休場。 マーケットはリスクオンの流れが続き米株は続伸し、ドル安が進みました。   また、昨日から18日までIMF(国際通貨基金)・世界銀行年次総会がテレビ会議方 …続きを読む

10月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・事実上のブレグジット交渉期限とされる15日のEU首脳会議が迫っているほか、市中銀行に英中銀がマイナス金利準備のために情報提供の要請を行ったとの報道が伝わるなど、英利下げ観測が …続きを読む