経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

米CPI(消費者物価指数)発表で動くのか!? 「7月13日の注目点とイベントスケジュール」

  明日以降にパウエルFRB議長の議会証言を控えていることから、昨日は方向感のない展開が続きました。 本日は米国でCPI(消費者物価指数)が発表されますが、明日のパウエルFRB議長の議会証言を控えて方向感のない …続きを読む

7月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・ECBは戦略見直しの結果を踏まえて、来週22日の定例理事会で金融政策の方向性を示す「フォワードガイダンス」を変更する方針を示し、ラガルドECB総裁は一部通信社とのインタビュー …続きを読む

米国債入札はあるものの重要イベントを控えて様子見姿勢か!? 「7月12日の注目点とイベントスケジュール」

  先週は大きくリスクオフに傾き、円やフランが大きく買われ、資源国通貨が大きく売られました。 リスクオフの要因はハッキリとせず、複数の要因が絡んでリスクオフとなり、今まで上昇を続けていた株価などに利確が入り、利 …続きを読む

パウエルFRB議長の議会証言に政策金利、重要指標と材料豊富な1週間! 「7月12日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週は急なリスクオフが進み、資源国通貨である豪ドルやNZドル、カナダドルが大きく売られました。 カナダドルはOPECプラス閣僚級会合の決裂による原油価格の下落も売り要因の一つとなっているかもしれません。 リ …続きを読む

7月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・米国政府は、早ければ米国時間9日にも新疆ウイグル自治区での人権侵害やハイテク監視を理由に少なくとも10社の中国企業・団体を実質的な禁輸措置の発動対象を収載する「エンティティー …続きを読む

リスクオフは継続するのか!? 「7月9日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はリスクオフが進み、世界的に株価は下落、債権に資金が集中し利回りは低下、為替市場では円やフランが買われ資源国通貨が売られました。 ハッキリとしたリスクオフ要因は出てきていませんが、一部では中国の中国企業 …続きを読む

7月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・東京都が4回目となる緊急事態宣言を発令するとの報道が伝わる中で日本の景気悪化懸念から半導体関連株や空運株を中心に売りが広がり、日経平均株価は一時240円超下落 ・欧州中央銀行 …続きを読む

ECB金融政策の戦略見通し公表でタカ派に転じるのか? 「7月8日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は重要イベントが少なく、注目されていたFOMC議事要旨も反応は限定的、方向感のない1日となりました。 そんな中でOPECプラス閣僚級会合が決裂したことで原油価格のボラティリティが高くなっていて、産油国通 …続きを読む

7月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・市場では「政府が東京都に非常事態宣言発令を検討との報道が円売りにつながった」との声 ・石油輸出国機構(OPEC)プラスの増産案を巡り、主要国サウジアラビアとアラブ首長国連邦( …続きを読む

FOMC議事要旨、テーパリングや利上げについての議論に注目! 「7月7日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日のRBA理事会は予想通り、もしくは予想よりも若干ハト派な内容だった為、発表直後は豪ドル売りで反応しました。 ただ、昨日早朝にNZ中銀が年内に利上げするのではないかとの予想が出たことで上昇していたNZドル …続きを読む