経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

世界的金利上昇と株安でリスクオフ! 「6月14日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は先週の米CPI(消費者物価指数)の結果からFRBの引き締め加速に繋がり金利が上昇し、株価が大きく下落。 ダウ平均は一時1000ドル超の下落となり、マーケットはリスクオフに傾いています。   …続きを読む

6月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・昨日行われたフランス国民議会(下院、577議席)選挙の第1回投票で、マクロン大統領率いる与党連合が過半数獲得に向けて苦戦を強いられる見通しと報じられたことでユーロの上値が重く …続きを読む

ドル円は135円を伺う展開、円安は容認か!? 「6月13日の注目点とイベントスケジュール」

  先週は円安が進み、ドル円は135円を伺うところまで上昇しました。 今週後半にFOMCや英中銀の金融政策発表を控えていることから、本日は円安がマーケットの中心となるのではないかと思っています。 ◎本日の注目点 …続きを読む

FOMC、英中銀、日銀金融政策決定会合など金融政策発表ラッシュ! 「6月13日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週は注目のECB理事会でAPP(資産購入プログラム)の終了と7月理事会での利上げが示唆されました。 一時はユーロ買いが進みましたが、引き締めによる景気後退が懸念されユーロ売りが出てきています。 &nbsp …続きを読む

6月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・財務省・金融庁・日銀の3者会合声明で「為替相場、急速な変動は望ましくない」などと発表されたことで円買いに反応し、神田財務官が最近の円安について“憂慮”というこれまで使わなかっ …続きを読む

米CPI(消費者物価指数)やカナダ雇用統計など指標に注目! 「6月10日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は注目のECB理事会が開催され、7月1日でAPP(資産購入プログラム)の終了を決定し、7月の理事会で0.25%の利上げを示唆、データ次第で7∼9月期でマイナス金利解除の可能性にも言及しました。 ただ、マ …続きを読む

6月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・ECBは7月1日付けで資産購入プログラム(APP)の終了を決定し、7月会合で25ベーシスポイント(bp)利上げの意向、9月会合については中期的なインフレ見通し次第、その後も緩 …続きを読む

注目のECB理事会開催! 「6月9日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は黒田日銀総裁の円安容認、緩和継続に関して発言したことで円安が進み、ドル円は一時134.47円と2002年2月以来20年4カ月ぶりの高値を更新、ユーロ円はに一時144.25円と15年1月以来7年5カ月ぶ …続きを読む

6月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・黒田日銀総裁が「為替の経済への影響踏まえて金融政策運営する必要」「急激な円安について様々な批判や不満が表明されているのは承知」「日銀は緩和継続で経済を支える必要がある」「為替 …続きを読む

円安は続くのか? 「6月8日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は円安が進み、ドル円は133円を記録しました。   注目されていたRBA理事会は0.25%利上げか、それとも0.4%利上げかと注目されていましたが、結果は予想外の0.5%利上げとなり一時豪ドル …続きを読む