1月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2023年1月11日

1月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・「パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はリクスバンク主催のイベントで、タカ派的な姿勢を示すのではないか」との思惑から、米長期金利の上昇とともにドル買いが先行したが、パウエル氏が経済や金融政策について言及しなかったことが伝わると、一転ドル売りが優勢となった

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


1月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


1月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


1月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

在韓中国大使館
「韓国市民への短期訪問ビザの発行停止」
「韓国が中国に対する差別的な入国規制を解除すれば政策調整へ」

中国外務省
(日本人渡航者へのビザ発給停止報道に関して)
「入国に関する措置は差別的なものであるべきではない」
「関係各国に事実と科学に基づいた措置を求める」

ジェンティローニ欧州委員(経済担当)
「ユーロ圏経済の今年初めの落ち込みは、昨年11月時点の予想ほど深刻でない可能性がある」

シュナーベルECB専務理事
金利はさらに大きく着実に上昇する必要がある
「インフレが自律的に後退することはない」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「FRBは現在も今後も気候政策立案者ではない」
「FRBはより広範な気候目標を促進するために金融政策や規制政策のツールを使用すべきではない」
FRBはインフレと雇用目標の達成に重点を置いている
「FRBはその責務との明確な結びつきなしに活動を追求すべきではない」
「FRBのツールはうまく機能、我々の責務には何の問題もない」
「金融システムは現在、より実質的に回復力がある」
「FRBは最近の危機でそのツールを革新的に使用した」

世界銀行
「2023年の世界成長率予測を+1.7%へ下方修正。世界的なリセッションを警告」

ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事
追加利上げが必要になると予想
「FRBは利上げ後、しばらくの間金利を維持する必要がある」
「労働市場はやや軟化する必要があるだろう」
しばらくの間、ピーク金利を維持することを支持
「インフレを下げるため、やるべきことは依然として多くある」
インフレは高すぎる

センテノ・ポルトガル中銀総裁
利上げプロセスの終了に近づいている
「インフレは3月から再び低下するだろう」
「ユーロ圏の分断化リスクは見られない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND