1月25日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月25日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2023年1月26日

1月25日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・10-12月期豪消費者物価指数(CPI)および12月の月次CPI、また豪準備銀行(RBA)が政策決定時に重要視するトリム平均値等すべてが市場予想より上振れたことで、指標発表前に2.92%台まで低下していた豪3年債利回りが3.09%台まで急騰し、豪ドルが上昇

・一部大手豪銀が2月7日の豪準備銀行(RBA)理事会での0.50%の追加利上げ見通しを示した

・カナダ銀行(BOC)は政策金利を現行の4.25%から4.50%に引き上げることを決めたと発表、利上げは8会合連続となりほぼ15年ぶり高水準の4.5%に設定された

・声明ではコア・インフレ率がピークに達した可能性を指摘し、今後の政策運営については「経済が見通し通りに進展するようなら、これまでの累積的な利上げ効果を見極めるため、政策金利を現在の水準で維持すると予想する」と表明し、BOCが利上げをいったん停止する考えを示唆したことで、カナダドル売りが進んだ

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


1月26日7:00時点

 

 

 

 

 

 


1月26日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


1月26日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ヒプキンスNZ首相
「インフレは家計を張り詰めさせている」
「政府の作業プログラムを刷新する」
「詳細については数週間後に発表する」

岸田首相
「日銀との共同声明を見直すかどうか申し上げることは控える」
「日銀総裁に最もふさわしい人を任命する」
「金融政策の具体的手法は日銀に委ねられる」

ナーゲル独連銀総裁
政策金利はさらに上昇する必要がある
3月以降に金利をさらに引き上げる必要があっても驚かない
「インフレ率が予想より高くなるリスクは依然として残る」
「現在、経済は数カ月前に考えていたよりも堅調であることが分かってきた」

ハベック独経済・気候相
「もしリセッションとなっても、より短く・ゆるやかになる見込み
 「今年の独経済、春以降に状況の改善が見込まれる」

バスレ・スロベニア中銀総裁
今後2回の会合での0.50%利上げは適切

カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明
「世界的なインフレは依然として高く、広範囲に及んでいる」
「多くの国でインフレ率が低下しており、主にエネルギー価格の低下と世界的なサプライチェーンの改善を反映」
「欧米では経済が減速しているものの、10月時点の予想よりも回復力がある」
「ウクライナに対するロシア戦争は依然として不確実性の重要な要因」
「金融状況は引き続き制限的だが、10月以降は緩和しており、カナダドルは米ドルに対して比較的安定している」
「世界経済は2022年に約3.5%成長し、2023年には約2%、2024年には2.5%と予測。この予測は10月よりわずかに高くなっている」
「労働市場は依然として逼迫」
「カナダ経済は2022年に3.6%成長し、10月予測をわずかに上回ったと推定」
インフレ率は6月の8.1%から12月には6.3%に低下
短期的なインフレ期待は依然として高い
コア・インフレ率の3カ月の測定値は低下しており、コア・インフレ率がピークに達したことを示唆
「今年はインフレ率が大幅に低下すると予測」
「経済発展が見通しに沿った場合、理事会は累積的な金利上昇の影響を評価する間、政策金利を現在の水準に維持すると予想」
インフレ率を2%の目標に戻す必要があれば、政策金利をさらに引き上げる用意がある
物価安定を回復するという確固たる決意を維持している

マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「(利上げ)これは条件付きの一時停止であり、経済が予測どおりに発展するかどうかに依存」
利上げの完全な効果はまだ感じられない
「全体として、インフレに対するリスクはバランスが取れている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND