10月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月14日

10月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・9月米消費者物価指数(CPI)がコア指数ともに市場予想を上回る結果となったことが伝わると米金利の一転上昇とともにドル買いが進み、ドル円は147.53円と1998年8月以来の高値まで買い上げられた

・「英当局者らはトラス首相の減税計画を方向転換する作業を進めている」との一部報道が伝わると、英財政悪化への懸念が和らぎ全般ポンド買いが進行し、ポンド円は一時167.29円まで値を上げて日本時間夕刻に付けた日通し安値162.32円から約5円の上昇となった

・予想を上回る米インフレ指標をきっかけに一時は540ドル超下落したダウ平均が上げに転じ、950ドル超上昇すると為替市場ではリスク・オンのドル売りが加速、ユーロドルは反転上昇し2時30分過ぎに一時0.9806ドルと日通し高値を更新した

・米10年債利回りは一時4.0754%前後と2008年10月以来14年ぶりの高水準を付けたものの、そのあとは3.89%台まで低下する場面があった

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 


10月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


10月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

イエレン米財務長官
「強い労働市場でのインフレ抑制が優先課題」
「政策の世界的な影響について留意する」
「米国はドルの準備通貨として地位を重視している」
「米国債の適切な流動性が失われることを懸念」

ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事
「インフレが減速しなければ大幅な利上げを検討するべき」
「インフレは高すぎる水準にあり、見通しは非常に不明確」
「金利をどの程度まで引き上げる必要があるかはまだ明確ではない

国際通貨基金(IMF)で日本経済担当のトップを務めるラニル・サルガド氏
「イールドカーブコントロール(YCC)の目標転換は現時点ではよい考えではない」
「円安の背景にはさまざまな理由がある」
「一段の賃上げの必要性で日銀と見解が一致している。2.5-3.0%の賃上げを目にしたい」
「持続的なインフレのため日銀の刺激的な緩和策は必要」

松野官房長官
「為替の日々の動きについて逐一コメントすることは控える」
「為替動向、高い緊張感をもって注視」
「為替、過度な変動には適切な対応とりたい」

鈴木財務相
「為替変動の高まりを極めて憂慮」
「投機による過度な変動は容認できない」
「過度な変動に対応するため介入を実施したことを説明」
「日本の為替介入の説明にコメントはなかった」
「(為替について)水準ではなくボラティリティーに注目」
「投機筋が動いていれば断固たる対応を取る」

国際エネルギー機関(IEA)
「OPEC+の削減は原油価格の高騰と世界的な景気後退を招く危険性がある」

ウンシュ・ベルギー中銀総裁
「金利が3%を超えても驚かない」
「年末までに金利は2%を超えなければならないだろう」

ナーゲル独連銀総裁
「ECBは2023年にバランスシートを縮小すべき」
「データは10月の利上げを強く示唆」
「ドイツの2023年のインフレ率は7%から8%の間になる可能性が高い」
「エネルギーの不確実性がドイツ経済の重荷に」

クワーテング英財務相
※法人税計画撤回の可能性報道について問われ
「ミニ予算の実現に全力を注ぐ」
「英経済を成長軌道に再び乗せるため、ミニ予算編成に集中 」
「財務相を辞任するつもりはない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND