10月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月5日

10月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・RBAは政策金利を0.25%引き上げて2.60%としたが、予想の0.50%利上げ幅を下回ったことで売りが先行、声明文では、「インフレ達成と経済安定のバランスは不確実性に覆われている」と経済への懸念を示し、利上げの継続についても前回の“今後数カ月”から“今後一定期間”に変更したことで、ややハト派的と受け止められた

・米労働省が発表した8月の雇用動態調査(JOLTS)では、求人件数が1005.3万件と前回の1117.0万件から大幅に減少し、予想の1108.8万件を下回ったことで米労働市場の軟化が示されたことで、米長期金利の低下とともにドル売りが優勢となった

・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時110.06と9月20日以来の安値を付けた

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月5日6:00時点

 

 

 

 

 

 


10月5日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


10月5日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

オーストラリア準備銀行(RBA)声明
今後一定期間、さらに金利を引き上げると予想
「世界経済、家計消費、賃金・物価設定の動向を注視」
将来の利上げの規模とタイミングは、引き続き今後のデータやインフレ、労働市場の見通しに関する理事会の評価によって決定
「インフレ率を目標に戻すという決意を堅持し、そのために必要なことを行う」
「優先事項は、インフレ率を長期的に2-3%の範囲に戻すこと。そして、経済を安定させながら行うこと」
「このバランスを達成するための道は狭く、不確実性に覆われている」
「インフレ率は今後数カ月間にわたってさらに上昇し、その後2-3%の範囲に低下すると予想」
2022年のCPIインフレ率は7.3%前後、2023年は4%を少し超え、2024年は3%前後と予想
「政策金利は短期間に大幅に引き上げられた」

トラス英首相
「現在の英国が直面している状況は2019年の選挙時とは違う」
「給付金の引き上げについてはまだ決定はしていない」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「FRBはインフレ率の低下にコミット」
「FRBの行動が世界経済に影響を与えることを認識」
「労働市場を減速させる余地は多くある」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「インフレがピークに達したかどうかを判断するのは難しい」

ジェファーソン米連邦準備理事会(FRB)理事
我々は大胆に行動し、さらなる措置を講じることにコミット
「価格安定の回復には時間がかかり、トレンドを下回る成長が続く可能性が高い」
「インフレ上昇を最も懸念している」
「雇用市場は非常にタイト」
「労働需給や経済の需給はやや緩和する見通し」
「供給のボトルネックが解消し始めた兆しがある」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND