12月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 12月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年12月15日

12月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・NZ財務省が「2023年第2四半期にリセッションとなる」という予想を公表するとNZドルの上値が重くなり売りが進み、オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁が現在と今後のインフレについて「高すぎで、低下させる必要がある」と発言したことで、一時的に支えられる場面もあったが、買い戻しも限られた

・「日銀は来年4月に発足する新体制下で金融政策の点検や検証を実施する可能性がある」との一部報道を受けて、欧州市場でドル円は一時134.54円と5日以来の安値を付ける場面があった

・FOMCでは市場予想通り0.50%の利上げが実施され、同時に公表された政策金利見通し(ドット・チャート)では2023年末時点の中央値が5.125%(5.00-5.25%)と前回の4.625%(4.50-4.75%)から引き上げられ、市場の想定である5%近辺を上回りドル買いが進んだ

・パウエルFRB議長が会見で「我々にはまだやるべきことがある」「今回の決定後も政策スタンスはまだ十分に抑制的ではない」と発言したこともドル買いを促し、4時30分過ぎに一時135.99円と日通し高値を付けた

・そのあとはパウエル議長が「政策決定はすべて最新のデータ次第」「十分抑制的な金利水準に近づきつつある」と発言したと伝わり、米長期金利が低下。一転ドル売りが優勢となった

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


12月15日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


12月15日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


12月15日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

NZ財務省
2023年第2四半期にリセッションとなる予想
「ただ、リセッションは浅いだろう」

オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁
現行と予想されるNZのインフレは高すぎで、低下させる必要がある
「消費は減速し、多くの人が就業をしようとすることで失業率は高まると予測」
「経済が減速する期間でも、雇用水準は高止まりすると予測」

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
「最近の支出と生産の指標は緩やかな伸びを示している」
ここ数カ月、雇用は堅調に伸びており、失業率は低いままだ
「インフレ率はパンデミックに関連する需給の不均衡、食料品やエネルギー価格の上昇、より広範な価格圧力を反映し、引き続き高止まりしている」
「ウクライナに対するロシアの戦争は、多大な人的および経済的困難を引き起こしている」
「この戦争と関連する出来事がインフレにさらなる上振れ圧力を生み出しており、世界経済活動の重しとなっている」
「委員会はインフレのリスクを非常に注視している」
「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す
「これらの目標を支援するため、委員会はフェデラルファンド(FF)金利の目標誘導レンジを4.25-4.50%に引き上げることを決定した」
「委員会は、徐々にインフレ率を2%に戻すのに十分な制限的な金融政策姿勢を達成するために、目標誘導レンジの継続的な引き上げが適切になると予想する」
「目標誘導レンジの将来的な引き上げペースを決めるに当たり、委員会は金融政策の度重なる引き締め、金融政策が経済活動とインフレ率に及ぼす影響の遅れ、および経済と金融の動向を考慮する」
さらに、5月に公表された『連邦準備制度のバランスシート規模縮小計画』で説明している通り、委員会は保有する米国債およびエージェンシーローン担保証券の削減を続ける
「委員会は、インフレ率を2%の目標に戻すことに強く取り組む」
「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」
「もしも委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する用意がある」
「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」
「今回の金融政策決定は全会一致」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
我々にはまだやるべきことがある
指標は10-12月期の緩やかな成長を示している
「米経済は昨年の急速なペースから大幅に減速した」
「物価が安定しなければ、持続的な力強い雇用市場はない」
「金利上昇が企業投資を圧迫しているようだ」
「インフレ率は長期目標の2%を大幅に上回っている」
「インフレ低下を示すもっと多くの証拠が必要」
「当局者はインフレリスクを上向きに見ている」
「インフレがもたらすリスクを非常に注視」
「インフレ率を目標の2%に戻すことに強くコミット」
「景気抑制的な政策スタンスは当面必要になるだろう」
「今回の決定後も政策スタンスはまだ十分に抑制的ではない」
「利上げのスピードはもはや最重要問題ではない」
FOMCの2023年予想金利がピーク金利を意味する
「2月の利上げ幅はデータ次第」
「インフレが2%に向かうとの確信が持てるまで利下げはない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND