12月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 12月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年12月21日

12月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・日銀は金融政策決定会合で長短金利操作の運用に関し、長期金利の許容変動幅を従来の「±0.25%程度」から「±0.5%程度」に拡大すると発表し、日銀の政策修正を受けて円が独歩高となり、ドル円は一時8月2日以来の安値となる130.58円まで売りに押され

・黒田日銀総裁は定例記者会見で、会合で決定された長期金利の許容変動幅拡大は利上げではなく、緩和策の出口でもないことを何度も強調、政策の枠組みを見直すことや出口戦略の具体的な議論は時期尚早とも述べたが円買いの流れは続いた

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


12月21日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


12月21日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


12月21日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 


CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

鈴木財務相
「日銀との共同声明、改定の方針固めた事実はない」

ナーゲル独連銀総裁
「インフレは根強く、ECBもより粘り強い対応が必要になる」
「追加の強い金利対応を続ける必要がある」
「ECBの物価目標達成にはまだ遠い」

黒田日銀総裁
「必要あれば躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じる」
「金融緩和の効果が副作用を上回っている」
金融政策の枠組み・出口戦略の具体的な議論は時期尚早
「物価目標の達成にはなお時間要する」
YCCの運用見直し、利上げではない
「今回の措置は市場機能改善でYCC起点とする緩和効果が円滑に発揮するため」
YCCの運用見直し、撤廃や出口では全くない
「さらなる変動幅拡大は必要ないし、今のところ考えていない」
「23年度全体では消費者物価2%いかない可能性が高い」
「より円滑にイールドカーブが形成され、市場機能の改善を期待」
YCCや量的・質的緩和を見直すことは当面考えられない
「これまでのように金利どんどん上がること考え難い」
「賃金動向、さまざまな統計を参考にする」
「許容上限の再引き上げに向けた催促相場の可能性、ないとは言えないが内外の物価・金融資本市場動向による」
「市場や経済・物価動向が変われば、適切対応は当然」
政府・日銀の共同声明、見直すつもりはない
「金利の引き上げではないこと、市場関係者に伝えたい」
「本日の措置、景気にマイナスにならないし引き締めでもない」
「国債保有5割超えについて・・・全く財政ファイナンスではない

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「ユーロ圏経済は、リセッション(景気後退)を回避できる可能性

鈴木財務相
「日銀の緩和修正は、金融緩和の持続性を高める」
「金融政策は日銀の独立性に委ねる」

カジミール・スロバキア中銀総裁
「着実なペースでの利上げ継続が必要」

神田財務官
「為替はファンダメンタルズを反映し安定的推移が望ましい」
「為替市場、引き続きしっかりと注視したい」

ミュラー・エストニア中銀総裁
「これまでの利上げでは不十分」
「ターミナルレート(利上げの最終到達点)の水準は不明」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND