7月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年7月9日

7月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・11時30分過ぎに奈良市で演説中の安倍元首相が不審な男に銃撃され胸や首を討たれ血を流して倒れて心肺停止状態、ドクターヘリで搬送されたが搬送先の病院で死亡が確認された。

・安倍元首相が心肺停止とNHKが報道すると日経平均は急落、円買いが進みリスクオフに傾いている

・格付け会社フィッチは米国の格付け「AAA」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更

・米格付け会社ムーディーズ・インべスターズ・サービスはメキシコの格付けを「Baa1」から「Baa2」に引き下げ、見通しは「安定的」とした。

・米労働省が発表した6月米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比37.2万人増と予想の26.8万人増を上回ったことが分かると、米長期金利の上昇とともにドル買いが先行

・失業率は3.6%と市場予想通りの結果となったほか、平均時給は前月比0.3%上昇/前年比5.1%上昇と前年比で予想を上回った

・カナダ統計局が発表した6月カナダ雇用統計で、新規雇用者数が4.32万人減と予想の2.35万人増に反して減少したことが分かるとカナダドル売りが先行したものの、失業率が4.9%と予想の5.1%より強い内容となったこともあって売りは限定的

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


7月9日6:00時点

 

 

 

 

 


7月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


7月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ビスコ・イタリア中銀総裁
「7月の欧州中央銀行(ECB)理事会で金利は0.25%引き上げられる見込み」
「インフレ率は今年上昇するものの、2024年には2%程度まで低下する見込み」
「ロシア産天然ガス価格の供給が途絶えれば、イタリアはリセッション(景気後退)に陥る」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「7月の0.75%利上げを全面的に支持」
「我々は正しい方向に進み始めているが、もっと多くのことを見る必要」
「雇用者数は減速のわずかな兆しを示している」
「景気は減速し始めている」
「労働市場の勢いはまだある」
「インフレについて、いくつかの推計では、状況は全く変わっていない」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「FRBはインフレ率低下に失敗することができない」
米失業率は来年、4%を幾分上回るだろう
「FRBの行動はインフレを2%の目標に戻すことに役立つ」
「インフレは経済にとって最大の脅威」
「データを監視して利上げ幅やペースを判断」
「米雇用市場は減速したものの、依然として信じられないほどタイト」
「米GDP成長率は今年減速し1%を下回るだろう」
「50から75ベーシスポイントの議論は、7月のミーティングにとって正しい立場」
「今後さらに多くのデータがあるが、FRBはさらに中立金利水準に迅速に移行する必要がある」
「FF金利は年末までに3%から3.5%になるが、その後は多くの不確実性がある」
「利上げサイクルの最終段階は、インフレの動向とインフレ期待に依存する」
「景気後退は基本的なケースではないが、経済が減速していることは明らか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND