8月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 8月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年8月11日

8月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・米労働省が発表した7月米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で8.5%上昇と予想の8.7%上昇を下回り、約40年ぶりの伸びを記録した6月の9.1%上昇から鈍化、前月比でも横ばいと予想の0.2%上昇を下回り、エネルギーと食品を除くコア指数も予想より弱い数字が発表され、米国のインフレがピークアウトしたとの見方が広がると、米連邦準備理事会(FRB)の急激な利上げ観測が後退し、幅広い通貨に対してドル売りで反応

・米10年債利回りが2.66%台、米2年債利回りが3.07%台まで低下するなか、ドル円は23時30分過ぎに一時132.03円まで急落、ユーロドルは24時過ぎに一時1.0368ドルと日通し高値を更新した

・ただ、エバンス米シカゴ連銀総裁やカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁の発言が伝わると、米10年債利回りが上昇に転じ、ドル円にも買い戻しが入りドル円は3時30分過ぎには133.07円付近まで下げ渋る場面

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


8月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


8月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


8月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ブラード米セントルイス連銀総裁
「インフレがピークに達したと主張するには時期尚早」
明日の総合CPIは幾分和らぐ可能性があるものの、我々はコアPCEインフレを注視している
年末までにFF金利誘導目標を3.75-4.00%まで引き上げ、来年の第1四半期の状況を確認し、さらに利上げが必要かどうかを確認したい

中国政府(CCTV)
「台湾への武力行使排除しない」
「台湾民進党の行動は平和と安定を損ねるため障害、排除の必要」

米国家経済会議(NEC)のディース委員長
「バイデン米大統領はインフレ抑制のためにあらゆる手段を講じる

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「今日のインフレリポートは最初のポジティブな報告」
「経済は下半期も成長を続けるだろう」
「インフレは容認できないほど高い」
「FRBは今年と来年、利上げを行うと予想」
来年のコアPCEインフレ率は2.5%に近づくと楽観的に予想している
「利上げが終わったとは思っていない」
FF金利は年末に3.25-3.50%とみている
FF金利は2023年末に3.75-4.00%とみている

ヒース・メキシコ中銀副総裁
「政策金利の引き上げを継続する必要がある」

ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
「現在、賃金の伸びは速すぎる」
「企業からの価格転嫁が高すぎる」
「優秀なセントラルバンカーは人気者になろうとしない」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「インフレへの勝利宣言には程遠い」
FF金利は年末に3.9%、来年末に4.4%を見込む
「我々はインフレ率を2%まで下げるというコミットメントについて一致団結している」
「来年初めに利下げするとの見方は現実的ではない」
「近い将来、景気後退(リセッション)に陥る可能性」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND