9月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 9月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年9月28日

9月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・「ノルドストリーム1」でガス漏れが発生したことが報じられると、オランダTTFガス先物が一時10%超高まで上昇したことが嫌気されユーロの上値を抑えた

・8月米新築住宅販売件数や9月米消費者信頼感指数など、この日発表の米経済指標が軒並み予想を上回ったことが分かると全般ドル買いが先行し、米5年債入札が「低調」と伝わり、米10年債利回りが3.9901%前後と2010年4月以来の高水準を更新するとドル買いが活発化し、ドル円は2時過ぎに一時144.90円と日通し高値を付けた

・英政権の大型減税策が国債増発による需給悪化やインフレ懸念を強めており、この日も英国債が大幅に下落(利回りは急騰)、英30年債利回りは節目の5%を突破し、一時5.018%前後と02年以来の高水準を付けたほか、英10年債利回りも4.537%前後と08年11月以来の高水準を記録

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


9月28日6:00時点

 

 

 

 

 

 


9月28日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


9月28日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

メスター米クリーブランド連銀総裁
「さらなる利上げが必要であり、当面制限的な政策が必要」
断固たる行動をとらなければ代償は大きい
「エネルギー価格は再び上昇する可能性がある」
「インフレ圧力は依然として強い。賃金圧力が寄与している」

メドベージェフ前ロシア大統領
「ロシアは必要なら核兵器使う権利有する、これは こけおどしではない」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「来春の実質金利は1.5%となる可能性」
「年末時点のFF金利コンセンサスは4.25-4.50%」
「インフレは高く、それをコントロールすることが仕事」
「FRBの見通しでは今年は1.00-1.25%以上の利上げを示している」
「ある時点で利上げペースを遅らすのが適切」

欧州委員会
ノルドストリームのガス漏れ、安全保障への影響はない

センテノ・ポルトガル中銀総裁
「欧州中央銀行(ECB)の利上げサイクルは継続する見通し」

デギンドスECB副総裁
「2023年の成長率はとても低く、ベースケースとして1%を下回るだろう」

ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
「英中銀(BOE)は秩序正しく機能している市場を確保しなければならない」
「金融資産の価格改定は、緩和政策後の正常化を反映している」
「価格改定は世界的なトレンドの一部として見なければならない」
「金融政策の見通しに市場の動きを織り込む必要がある」
財政計画の変更で、大幅な政策の対応が必要になる
12月に入ると、インフレは減速するはず
「より低頻度で、より考慮されたアプローチを取るのが最善」
「金融政策には、短期的な動向を微調整するための限界がある」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「インフレをターゲットにした体制の信頼性が危険にさらされている」
「米国には深刻なインフレ問題がある」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「ECBはインフレに対して決定的かつ整然とした行動を取る」
「ECBはインフレ率を2%の目標に引き下げることを強く約束」
「フランスのインフレは今から2023年初頭にかけてピークに達するだろう」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「我々はインフレ率が2%に低下するように協力している」
「目先では更なる金融引き締め」
「我々は適切な積極的なペースで動いている」
「我々は物価安定の回復に取り組んでおり、市場はそれを理解している」
やりすぎのリスクはある
ソフトランディングは依然として可能
ただ、ソフトランディング出来るかどうかは我々の制御の及ばないところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND