9月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 9月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年9月8日

9月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・積極的な金融引き締め政策が長期化するとの観測が強まる米連邦準備理事会(FRB)と、大規模な金融緩和策を維持する日銀との金融政策の方向性の違いが意識されて、円売りドル買いが進みドル円は20時30分過ぎに一時144.99円と1998年8月以来約24年ぶりの高値を更新

・米連邦準備理事会(FRB)がこの日公表した米地区連銀経済報告(ベージュブック)では「経済活動は7月から8月終盤にかけて横ばいで推移した」との認識が示されたほか、物価については「引き続き非常に高い水準にあるが、9地区で上昇率がある程度緩やかになったと報告された」と伝わった

・プーチン露大統領が停止中の欧州向け主要ガスパイプライン「ノルドストリーム」について「タービンがあれば明日にも供給を再開する」と発言すると、欧州の天然ガス価格が急落。エネルギー価格高騰によるユーロ圏景気の減速懸念が和らぎ、ユーロ買い戻しが進んだ

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


9月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 


9月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


9月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

鈴木財務相
「最近の動きはやや急速で一方的」
「為替の急速な変動は好ましくない」
「現在のこの動きが継続することについて強い関心」
「引き続き高い緊張感を持って為替市場動向に注視」
「円安、どういう対応をとるかはコメントしない」
「最近の円安はやや急速で一方的」
「為替の急速な変動は望ましくない」
「為替はファンダメンタルズに沿って安定的に推移することが重要

松野官房長官
「水際対策見直し、円安メリットを生かせると想定している」
「為替、日々の動きについて逐一コメントすることは控える」
「為替、急速な変動は望ましくない」
「為替、高い緊張感をもって注視」
「このような動き継続する場合には、必要な対応とりたい」
「最近の為替市場は急速で一方的な動きみられ、憂慮している」

バーキン米リッチモンド連銀総裁
FRBは実質金利がゼロ%上回るよう一段の政策引き締め必要

プーチン露大統領
「ロシアはエネルギーを武器として使用していない」
必要であればロシアはノルドストリーム2を再開する準備がある

テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「インフレはすでに高い水準からさらに加速している」
「需要はすでに弱まっている」

ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
英国のインフレ率はガス価格次第
英エネルギー政策がCPIに影響を与えるだろう

ベイリー英中銀(BOE)総裁
インフレターゲットは英国にとって非常に重要
「英国のインフレ目標制度は失敗していない」
「為替レートについては米ドル固有の要因が働いている」
「ポンド安の背景には英国の事情もある」
「英国は天然ガス価格の影響を強く受けている」
「英国のリセッションは依然として最も実現性が高い」

マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「より強力に金利を変動させればその後の政策保留や政策転換につながる可能性」

 

カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明
量的金融引き締め(QT)を継続
「新型コロナやウクライナ戦争、継続的な供給混乱などが成長を鈍化させ、価格を押し上げ続けている」
「世界のインフレ率は依然として高く、コアインフレ率はほとんどの国で上昇」
「これに対応して、世界中の中銀は引き続き金融政策を引き締めている」
「短期的なインフレ期待は依然として高いまま」
インフレ率の上昇が定着するリスクが高まっている
「金融引き締め政策により需要が供給に追いつき始めるため、今年後半に経済が減速すると引き続き予想」
「インフレの見通しを考慮し、引き続き政策金利をさらに引き上げる必要があると判断」
量的引き締め(QT)が政策金利の上昇を補完
「金利の引き上げのペースは経済とインフレの継続的な評価によって導かれる」
BOCは物価安定へのコミットメントに断固として取り組んでおり、2%のインフレ目標を達成するために必要に応じて行動を継続する

メスター米クリーブランド連銀総裁
「インフレ期待の指標を注視」
「2023年に利下げするとは想定せず」
「リセッションは予想していない」
「将来のMBS売却を協議することを支持」
「インフレがピークに達したとは確信していない」
中長期的なインフレ期待はFRBの目標である2%と一致する範囲にとどまっているものの、その点を非常に注視している

ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)副議長
「リスクはいずれ二面的な側面を強める可能性」
インフレ抑制のため、FRBは必要な限り続ける
政策金利はさらに上昇する必要がある
「金融政策は制限的である必要」
インフレが2%へ向け低下していることを確認するには、数カ月のインフレ低下のデータが必要
「我々の決意は固く、目標は明確」
「強いドルがインフレ鎮静化に影響する可能性」

米地区連銀経済報告(ベージュブック)
米経済活動は総じて変化がなく、5地区では活動が僅かから緩やかに拡大。他の5地区では僅かから緩やかな軟化が報告された
ほとんどの地区では安定した消費支出が報告された
「製造業はいくつかの地区で拡大した」
「ただ、サプライチェーンの混乱と労働力不足が生産を妨げ続け、生産量が減少」
「すべての地区で住宅販売が減少」
住宅ローン金利が上昇する中、住宅ローンの需要は低調だった
「将来の経済成長の見通しは全般的に弱く、今後半年から1年で需要がさらに弱まると予想」
「物価水準は引き続き非常に高い水準にあるが、9地区は上昇率がある程度緩やかであると報告」
「製造および建設コストは引き続き上昇したが、燃料価格の低下と全体的な需要の冷え込みにより、コスト圧力、特に貨物輸送料が緩和」
「ほとんどの地区では少なくとも年末まで価格圧力が続くと予想」

バー米連邦準備理事会(FRB)副議長(銀行監督担当)
「暗号のルールは同じリスク、同じ規制に基づいている必要がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND