いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

「即位礼正殿の儀」で東京休場、欧米市場は英国議会次第! ~10月22日の注目点とイベントスケジュール~

 

昨日も、英国議会で離脱案の採決が行われるといった情報でポンドが動き、結局、英国議会でバーコウ議長が裁決を見送るなど、離脱案の審議・採決を巡り情報が錯綜しています。

この状況は、本日も続くのではないかと思われます。

 

また、不気味なのが、日経先物です。

米株は、そこまで伸びていないのに、日経は異常なほど好調です。

台風被害で農水産物の被害は甚大、次の日銀会合では物価見通し下方修正など、悪材料があるにもかかわらず、上昇を続けています。

 

本日の「即位礼正殿の儀」に対するご祝儀相場なのでしょうか!?

本日は東京市場は休場です。

このまま日経先物上昇するのか!?

明日の東京市場に向けて注目です!

 

◎本日の注目点

 

1)Brexit交渉

 

昨日はバーコウ英下院議長が、本採決を見送りました。

19日に先送りされた内容と、昨日提出された採決は内容が同じため、同じことの繰り返しになり時間の無駄という判断らしいです。

EUとの間で合意された離脱案の採決は、英国内の関連法案が全て審議された後ということです。

 

野党や北アイルランドDUP党は、合意なき離脱などが出来ないように、また、自分たちに不利な内容でEUとの合意内容にならないように、いくつもの関連法案や修正案を提出し審議・採決されると思われます。

本日も英議会が開催され、審議・採決が行われると思います。

一部情報では、日本時間23日2:00や3:00、4:00に新しい法案採決があると出ています。

多くの情報が錯綜しているため、時間までは分かりませんが、本日の夜も議会が開催されるため、議会内容に要注目です。

 

 

 

2)リスク要因

 

・Brexit交渉

・米国による対EU報復関税発動

・米中関係

・トルコのシリア侵攻

・香港デモ

・サウジ、イラン、イスラエル、中東問題

・北朝鮮

 

Brexit交渉が1番のリスク要因ですが、米中関係やトランプ弾劾も気になります。

また、トルコと米国の間で停戦合意したシリア侵攻ですが、約束の5日間が今日で終わります。

トルコは5日間の停戦合意が終了する前に、プーチン大統領との会談が予定されています。

トルコは、再度シリアに侵攻するのか!?

プーチン大統領の影響力は!?

トランプ大統領はどうするのか!?

今後のためにも注目です。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

10月22日(火曜日)

 

即位礼正殿の儀の祝日で休場

 

21:30 CAD カナダ小売売上高

23:00 USD 中古住宅販売戸数

 

 

10月23日(水曜日)

 

02:00 USD 2年債入札

06:45 NZD NZ貿易収支

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す