G7首脳会議やEU首脳会議、北大西洋条約機構(NATO)緊急首脳会議開催予定! 「3月24日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > G7首脳会議やEU首脳会議、北大西洋条約機構(NATO)緊急首脳会議開催予定! 「3月24日の注目点とイベントスケジュール」

2022年3月24日

G7首脳会議やEU首脳会議、北大西洋条約機構(NATO)緊急首脳会議開催予定! 「3月24日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日、ドル円は一時121.40円を超え、ユーロ円は133.90円を記録するなど円安が大きく進んでいます。

また、米国の原油在庫量が予想以上に取り崩されていたことや供給面の不安から原油価格が大きく上昇。

原油価格の上昇は株価の重しとなり、米株3指数な揃って下落、リスクオフがやや進みました。

 

FRB要人から0.5%利上げの可能性について発言が続いたことで、FRBの早い引き締めを懸念されたことも株価の重しとなっています。

 

本日はG7首脳会議やEU首脳会議、北大西洋条約機構(NATO)緊急首脳会議などが開催予定、中銀要人発言が多数予定されていることから、発言やヘッドラインで動く相場になるのではないかと注目しています。

 

◎本日の注目点

 

1)ウクライナ情勢

 

本日はG7首脳会議やEU首脳会議、北大西洋条約機構(NATO)緊急首脳会議などが開催予定になっています。

ウクライナに侵攻したロシアへの経済制裁や米欧が懸念するロシアへの中国の協力を巡る協議が行われる予定です。

また、今回はバイデン大統領が訪欧し、会議に出席予定です。

本日の会議でロシアや中国に対してどのような制裁が出てくるのか、またロシアや中国が反応を示すのか注目です。

 

 

 

2)製造業・サービス業・総合PMI

 

欧州や英国、米国では物価上昇が進み問題となっています。

物価上昇は消費意欲を低下させ、景気後退の懸念に繋がります。

製造業やサービス業など、これからの景気後退を懸念していないか、今後の景況感に注目です。

また、米国は逆イールドが発生しており、景気後退が強く懸念される状況なので景況感に注目、欧州や英国ではウクライナ情勢による景気後退が懸念されていることから景況感に注目しています。

 

 

 

3)要人発言

 

本日も多数の要人発言が予定されています。

金融政策に関して、FRBはややタカ派になってきているようです。

対して、英国はスナク英財務相が経済成長率予想を引き下げるなど、ネガティブな内容が出てきています。

追加利上げがあるのか、利上げ回数が後退するのかなど金融政策に関して発言が出てこないか注目です。

 

中銀別のポイントなどは週の注目点にもまとめているので参照ください。

要人発言ラッシュの1週間! 「3月21日週の注目点とイベントスケジュール」

 

 

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

3月24日(木曜日)

 

EU首脳会議

G7首脳会議

北大西洋条約機構(NATO)緊急首脳会議

 

10:05 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言(22年投票権)

17:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:30 CHF スイス国立銀行(SNB)政策金利発表

18:00 EUR ユーロ圏製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

18:30 GBP 英製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

18:30 CHF ジョーダンSNB総裁記者会見

18:30 EUR エルダーソンECB専務理事発言

21:30 USD 米耐久財受注・失業保険申請件数

21:30 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言(23年投票権)

22:00 USD マンBOE外部理事発言

22:00 EUR エルダーソンECB専務理事発言

22:10 USD ウォラーFRB理事発言

22:45 USD 米製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

22:50 USD エバンズ・シカゴ連銀総裁発言(23年投票権)

 

 

3月25日(金曜日)

 

00:00 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

04:00 EUR シュナーベルECB専務理事発言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND